おすすめ電動工具・安全靴・園芸用品を紹介・レビューします!

DIYを楽しもう!

インパクトドライバー

ホームセンターで買える安いインパクトドライバー【おすすめ機種を紹介!】

ホームセンターの電動ドライバー

「インパクトドライバーが欲しいからホームセンターに行こう!」

そう思ってホームセンターに来てみたものの、どれを買ったら良いかさっぱりわからない。
「まっこれでいいか!」なんて適当に買うと後で後悔するかも・・・。

そんなあなたのために、まずはおすすめ機種を紹介します。

またメーカーとその特色について書きます。

ホームセンターで買える安いインパクトドライバー【おすすめ】

最近のホームセンターにはプロ用の本格的なインパクトドライバーも品揃えが豊富です。

しかし今回は「安いインパクトドライバー」に焦点を当てて紹介します。

おすすめ1位 「Hi-Koki(日立工機)」のDIYモデル インパクトドライバー

第1位は日立工機のDIY用インパクトドライバーです。

どこのホームセンターにもほぼ置いてある日立工機のDIYモデルです。

日立工機かマキタかで悩みましたが、バッテリーの互換性を考えで日立工機を1位にしました。

日立工機のDIYモデルは、バッテリーがプロモデルと同じなので後でプロモデルを買ってもバッテリーや充電器がムダになりません。

その1点がマキタのDIYモデルと大きな差です。

FWH14DGL(2LEGK)

日立-FWH14DGL_DIY用インパクト

特におすすめなのは FWH14DGL(2LEGK) です!

日立工機のDIY用 14.4V インパクトドライバーです。

全長:166mm

最大締め付けトルク:140N・m

重量:1.3Kg

おすすめの理由はこれです。

  • 価格はプロ用の1/3
  • 超一流メーカー!
  • バッテリーの互換性が抜群!
  • 性能は申し分ない!
  • Amazonチョイスにも選ばれている!

日立工機のDIYモデルには他にも18Vタイプもあります。

ですが14.4Vの方が実勢価格で5,000円位安いです。

なので今回は安さを重視し、14.4Vの方を1位としました。

ちなみに18Vと14.4Vではあまりパワーの差はありません。
逆に14.4Vの方が少し軽いのでDIYには使いやすいです。

価格についてはAmazonで買えばほぼ最安値で買えると思います。

 

この機種はこちらでも紹介しています。

⇒ FWH14DGL 2LEGKの記事

おすすめ2位 「マキタ」のDIYモデル インパクトドライバー

第2位はマキタのDIY用インパクトドライバーです。

なんといっても電動工具界のトップ企業はマキタです。

プロモデルであればマキタをお勧めするところです。

でも今回はDIYモデル電動工具のバッテリーの互換性を考慮して2位としました。

MTD001DSX

マキタ-MTD001DSX

特におすすめなのは MTD001DSX です!

マキタの新型DIY用 14.4V インパクトドライバーです。

全長:143mm

最大締め付けトルク:145N・m

重量:1.2Kg

理由はこれです。

  • 価格はプロ用の1/3
  • 超一流メーカー!
  • 全長143mmと超コンパクトで使いやすい!
  • バッテリー込みで1.2Kgと軽量!
  • ドリル・ジグソー・バリカン・草刈り機など11種類の工具と互換性あり!
  • 最大締め付けトルクも十分で性能は申し分ない!
  • Amazonチョイスにも選ばれている!

マキタのDIYモデルのインパクトには18Vタイプもあります。

ですが14.4Vの方がバッテリーの互換性が高いのでこちらを選びました。

なので今回は安さを重視し、14.4Vの方を1位としました。

1位の日立工機と比べたら、バッテリーの互換性では負けます。

でも性能面ではこちらの方がかなり上です。

特に全長が短くコンパクトなので、プロ用のように狭い所でも取り回しがラクです。

バッテリーの互換性を考えなければ圧倒的にこちらをおすすめします。

 

常にトップを競うマキタと日立工機ですから、性能やコスパ・品揃えなどはほとんど同じです。

でも性能ではやっぱりマキタでしょう。

DIYといえどもこれだけの性能ならプロ用としても代用できますよ。

おすすめ3位 コメリの自社ブランドインパクト

上記の2機種に魅力を感じない方は、おそらく「もっと低価格のインパクト」が欲しいのだと思います。

そこで私の独断でおすすめするのは「ホームセンター コメリ」の自社ブランドのインパクトドライバーです。

コメリ-RETZLINK-108V-インパクトドライバー-セット内容

オススメの理由は以下の点です。

  • 本体+バッテリー2個+充電器というフルセットなのに価格が安い。
  • 10.8Vだけど最大締め付けトルクは120・Nmなのでパワフル。

これだけの低価格とパワーを兼ね備えたインパクトドライバーは他にないと思います。

しかもコメリの看板を背負った製品なので、ネットで見かける怪しい中国製品より安心です。

⇒ コメリドットコムで売られています。

こちらのページで詳しい比較記事を書いています。

⇒ インパクトドライバー【ビバホーム・カインズ・ナフコ・コメリ】比較してみた!

番外編 もっと安いインパクトドライバーはある?

価格的にはもっと安いインパクトがアイリスオーヤマから出ています。

「アイリスオーヤマ JID80」です。

2020年10月現在、アマゾンで6,000円を切る値段で売られています。

ただし、こちらはコメリのインパクトと比較してかなりパワー(トルク)が低いです。

最大締め付けトルクが「80N・m」しかありません。

本格的な木材を使ったDIYにはちょっとパワーが物足りないかもしれません。

でもコスパは最高です。

とにかく安さを重視する方にはおすすめです。

ホームセンターで売られている安いインパクトドライバーの特徴

ホームセンターで売られているインパクトドライバー。

その中でも安いインパクトドライバーについて話します。

どんな特徴があるのでしょうか?

「安いインパクトドライバー」ってどれくらいの価格の事を指しているの?

ホームセンターでインパクトドライバーの価格を見ると、まさにピンからキリまであります。

では「安いインパクトドライバー」とはどれくらいの価格帯のものを言うのでしょうか?

ここでは基本セットの価格を例に挙げます。

基本セットとは「インパクト本体+バッテリー2個+充電器」の事を指します。

【インパクトドライバーの基本セットの価格帯】

  • プロ用インパクトドライバーセット(高い):50,000円~30,000円。
  • DIY用インパクトドライバーセット(普通):30,000円~10,000円。
  • 初心者用インパクトドライバーセット(安い):10,000円~6,000円。

こんな感じだと思います。

なので「安いインパクトドライバー」とはセット価格で1万円以下辺りのものを指します。

ちなみに、5,000円程度のインパクトドライバーは中国系のメーカーも販売企業名も怪しい粗悪品の可能性があるのでここでは除きます。

安いインパクトドライバーの中でも「買って良いもの」と「買わない方が良い物」がある。

私が買ってもいいと思う物は以下のようなメーカーのようなものです。

【買ってもOK!】

  • 高儀(EARTH MAN アースマン )などの廉価だけど有名な日本メーカー。
  • ホームセンターの自社ブランド製品など販売元がしっかりしている日本企業である。

ホームセンター自社ブランド品は、中国の工場で作ったものなどで品質的には?な部分もあると思いますが、ホームセンターの看板を背負っている製品なので検品もしっかりしていると思われます。

また初期不良などはホームセンターで即対応してくれると思います。

さらにアダプターやアタッチメントなどがそのホームセンターで買えるので、いきつけのホームセンターの自社ブランド品を活用するのであれば便利だと思います。

私が買ってはいけないと思っているメーカーは以下のようなものです。

【買ってはいけない!】

  • メーカー名や販売元の企業名がネットで検索できないような中華系の激安商品

これはAmazonなどで良く売られている粗悪品の事です。

メーカー名も販売元も怪しいアルファベットやカタカナの羅列で、聞いたこともないような名前の物が売られています。

こういったものは検品もしないような不良品がゴロゴロしています。

トラブル日本語がわからないような中国系の方とメールでのやり取りになる場合が多いです。

初期不良率も多く、耐久性も1年使えるかどうかといったレベルなので私はおすすめしません。

ホームセンターが販売する自社ブランドの安いインパクトドライバーについて

ここ数年で各ホームセンターが独自ブランドのインパクトドライバーを販売し始めました。

以前は電動工具の専業メーカーしか製造販売していなかったインパクトドライバー。

最近は廉価なオリジナルブランド製品が売られています。

具体的には以下のようなものです。

  • ビバホーム エレバリオ インパクトドライバー(LV-TT16540 LID-144S)
  • カインズホーム Kumimoku e-cycle 14.4V インパクトドライバー KEC-01
  • ナフコ パワークラシック(PowerCllasic) 14.4V充電式インパクトドライバー ID‐14.4LiNA
  • コメリ ビーシェア(B-Share)10.8V 充電式インパクトドライバー BS-108 ID

これらのインパクトドライバーについては、下の記事で詳しく紹介しています。

⇒ インパクトドライバー【ビバホーム・カインズ・ナフコ・コメリ】比較してみた!

高品質のインパクトドライバーを製造販売する電動工具メーカー

高品質のインパクトドライバーを製造しているのはどんなメーカーなのでしょうか?

一般的に有名なのは以下のメーカーです。

  • マキタ(日本)
  • 日立工機(日本)
  • パナソニック電工(日本)
  • ボッシュ(ドイツ)
  • RYOBI(日本)
  • ブラック&デッカー(アメリカ)

電動工具専門メーカーは、製品の品質が高い!

上記はメーカーはいずれも電動工具の専門メーカーとして有名です。

6社はいずれもプロ用とDIY用の両方を製造販売しています。

職人が使うプロ用電動工具は主に以下のメーカーが製造しています。

マキタ

Hi-Koki(旧日立工機)

パナソニック

いわゆる国内三大メーカーであり、他の追随を許さない超一流メーカーです。

電動工具業界では常識となっています。

一番の特色は「大工さん、電設工事屋さんなどが使うプロモデル」を提供していることです。

別の言い方をすると、最新の技術を持っているメーカーとも言えます。

作業効率、耐久性、アフターメンテナンスなどを考えるとこの3社が良いです。
プロのほとんどはこの3社のインパクトドライバーを使っています。

価格は高いですが、本体やバッテリーの耐久性が抜群です。
10年使える優れものです。

長い目で見れば実はコスパも高いので、個人的にはおすすめです。

プロ向け電動工具は何が良いのか?

「プロ用とDIY用ってそんなに違うの?」

そう思う方に、何が違うのかを説明します。

プロ向け電動工具は品質が良い!メリットは計り知れない!

プロ用は、言い換えればハイエンドモデル(高級機)です。

代表的なのはマキタのプロ用インパクトでしょう。

下の記事で紹介しています。

⇒ 【TD171DRGX】マキタ最新型インパクト!

機能・パワー・品質・耐久性・・・すべて最先端技術です。

バッテリーも長時間使えます。

インパクトドライバー_マキタ_建築金物

一度購入したら10年以上使えるイメージがありますね。

以下のようなメリットがあります。

  • 防塵防滴でホコリや水に強く故障しにくく、過酷な環境で使える。
  • バッテリー容量がDIY用の4倍くらいあり駆動時間が長い。
  • パワーがあるためビス打ちのスピードが速く、作業効率が良い。
  • パワーは最強なのに軽くてコンパクトなので取り回しがしやすい。
  • 本体が故障しにくく、故障しても近所の代理店で対応してもらえる。
  • バッテリーの品質が明らかに高いので、繰り返し永く使える。

価格は高いですが、実は初心者にも使いやすいです。

プロ向け電動工具はバッテリーを共通使用できる製品が多い

マキタ、日立工機、パナソニック電工の充電式電動工具はラインナップが豊富です。
しかもプロモデルはバッテリーが共用できます。

最初は下図のようなフルセットを買います。
「本体+充電器+バッテリー2個」です。

マキタ_TD137DRMX_箱_セット

充電器は1台あればok。
予備のバッテリー1本を別の本体に差し込めば2台分になります。

下図のように本体だけを追加購入すれば経済的に工具を揃える事ができますね。

マキタ_インパクトドライバー_TD137DZ

さらにプロモデルは充電電動工具のラインナップが豊富です。
以下の写真はマキタの18Vの工具です。

この150種類の工具がすべて同じリチウムイオンバッテリーで動作します。
互換性が良いのでバッテリーが無駄になったり、充電器で場所を取ったりしません。

 

マキタ-18V-互換モデル

プロモデルは初期投資が高いです。
でも今後電動工具を追加購入するつもりがあるなら絶対プロモデルです。

上記の国内3大メーカー(マキタ・日立工機・パナソニック電工)のプロ仕様モデルの購入は、実はコスパが良いのです。

例えば、Amazonで今バカ売れのマキタの掃除機もこのバッテリーで共通使用できます。
※マキタノ掃除機には18V・14.4V・10.8Vなど電圧が異なるシリーズがあるのでご注意下さい。

プロ向け電動工具はカラーラインナップが豊富

マキタ・日立工機・パナソニック電工の3社のプロ用インパクトドライバーには色んな製品色がそろっています。
自分の好きな色を選ぶ事で個性を出せるのがうれしいですね。

日立_インパクトドライバー_カラー

これは日立のあるモデルのカラーラインナップです。
おしゃれですよね~。

ちなみに一般的にDIYモデルにはこういったカラーバリエーションはありません。
プロモデルならではです。

マキタのインパクトの場合でみると、伝統の「マキタ色」から白・黒・黄色・ピンク・ライムといった派手な色まで豊富にそろっています
最近では「オーセンティックレッド(amazon)」といった渋い色もありますよ。
※限定色です。

プロ用電動工具はアフターサービスが充実

プロ向け電動工具を取り扱う国内メーカー3社はアフターサービス網が整備されています。
営業拠点や代理店が日本全国にあります。

マキタ、日立工機、Panasonicの看板画像

「売ったら終わり」の2流メーカーとは違います。

特にマキタはアフターサポートが充実しているようです。

プロ向け電動工具のデメリットは?

プロ向けメーカー製品の唯一のデメリットは価格が高い事です。
ハイエンドモデルは基本セット(本体+充電器+バッテリー2本)で4万円程度はします。

とはいえDIYモデルも販売しています。
出費を抑えたい場合はそちらを選択するものありです。

プロ用モデルはホームセンターでは買えない所が多いようです。
代理店やネットで購入する事になると思います。
※私もネットで購入しました。

セミプロ向け電動工具を製造販売しているメーカー

ボッシュ

プロ向けもDIY向けもあります。

ボッシュ_インパクトドライバー_色_プロ用

 

総じていうなら「セミプロ向け」といった感じでしょうか。
プロ向けのインパクトドライバーなら、上記3社とほぼ変わらない性能かもしれません。
ハードなDIYにも十分対応できると思います。

アフターメンテナンスの点では若干見劣りするかもしれません。
まぁ素人が使って違いを実感する程ではないと思います。

私は見た目がカッコいいので好きです。
7~8年は使えるイメージがあります。

価格は少し安めです。
「本体+充電器+バッテリー2本」の基本セットで2~4万円程度かな?
国内3大メーカーの製品よりの2/3~半額位で購入できると思います。

DIY用なら1~2万円程度でホームセンターで購入できます。

DIY向け電動工具を製造販売しているメーカー

リョービ

DIY向けを製造販売する国内メーカーです。

プロ向けのインパクトドライバーもありますが、どちらかというとDIYメインのようです。
ホームセンターでも良く見かけます。

DIYで使うならこれが良いかも知れません。
性能とコストパフォーマンスのバランスが良いです。

ハードなDIYでの使用に問題はないと思います。
物によってはオーバースペックの物もあるでしょう。
5~6年使用するイメージです。

「本体+充電器+バッテリー2本」といった基本セットで2~3万円程度で買えるのではないかと思います。
DIY用のインパクトドライバーなら1~2万円程度。
ホームセンターで購入できますよ。

ブラック&デッカー

DIY向けです。
週末にDIYを行うような方で、故障したらまた別のを買えばいいというような方には、コストパフォーマンスの面でオススメです。

最大締め付けトルク170N・mというプロ仕様に匹敵するモデルもあります(しかも2万円程度)。
グレード次第で色々と幅がひろがります。
耐久性は4~5年?というイメージです。

「本体+充電器+バッテリー2本」といった基本セットで1~2万円程度で買えそうです
特にこだわりが無い方なら、お財布にやさしいです。
ホームセンターで購入できます。

こちらの記事ではブラックアンドデッカーとマキタの比較をしてみました。

⇒ ブラックアンドデッカーとマキタの比較!性能やバッテリーの互換性!

インパクトドライバー。おすすめのメーカーは?

おすすめのメーカーが分かるだけでも、ホームセンターでのインパクトドライバー選びが楽になると思います。

私ならマキタか日立

「価格が高くてもOK。とにかく良いものを買いたい!」

そんな方にはマキタや日立がおすすめです。

パナソニック電工もプロ向けです。
しかし一般的には電気屋さんが使うというイメージが定着しています。
配電盤とか制御盤関連の作業とかでペンインパクト(amazon)を使うイメージです。

なので通常使用ならマキタか日立で良いと思います。

インパクトとドリルの違いが分からない人へ!

まだ電動ドライバーを1台も持っていない方。
インパクトドライバーとドライバドリルの違いが分からない方。

そんな方はまずはこちらの記事を読んでみてください。

マキタ-ドリルとインパクト_s
インパクトドライバーとドリルドライバー どっちがいい?違いを比較!

インパクトドライバーとドリルドライバーは、見た目は似ているが中身はかなり違います。 今回はこの2種類の電動工具の違いを説明します。   目次1 インパクトドライバーとドリルドライバーの外観の ...

続きを見る

プロ用とDIY用の見分けがつかない方へ!

マキタや日立はプロ用の電動工具を提供していますが、DIY用も販売しています。
ホームセンターに売られているインパクトドライバーはDIY用が多いです。

ちなみに冒頭の載せている写真に写っているmakitaのインパクトはDIY用です。

この見分けがつかない方も多いと思います。
見分けるヒントは「色」です。

詳しくはこちらの記事に詳しく書いてあります。

インパクトドライバー|プロ向け・DIY向け【製品色の違いで見分ける】

目次1 電動工具にはプロ向けとDIY向けがある!2 主な電動工具メーカー3 プロ向け電動工具の見分け方4 マキタのインパクトドライバーの製品色5 Hi-Koki(旧日立工機)のインパクトドライバーの製 ...

続きを見る

最後に

まずはインパクトドライバーを手に入れましょう。

インパクトドライバーをDIYする楽しさを味わいましょう。

耐久性や性能などをあまり細かく気にしない方ならホームセンターの安いインパクトドライバーでも大丈夫です。

そのうち物足りなくなったら、その時はプロモデルを購入してみて下さい。

最終的には価格と満足度が釣り合うと思いますよ。

不安な方はマキタかHi-Koki(日立工機)を選べば間違いないです。

もし他の電動工具も一緒に揃えたいのであれば、ブラックアンドデッカーのマルチツールも一考の価値ありです。

こちらの記事を読んでみて下さい。

⇒ ブラックアンドデッカーマルチツール

では。

-インパクトドライバー

Copyright© DIYを楽しもう! , 2020 All Rights Reserved.