おすすめ電動工具・安全靴・園芸用品を紹介・レビューします!

DIYを楽しもう!

インパクトドライバー

TD172DRGX マキタ 【買って後悔しない為に!】重要ポイント解説!

2021年1月、マキタの新型18VインパクトTD172DRGXがついに発売されました。

TD172DRGX

マキタの新型18Vフラッグシップインパクト TD172DRGXです。

2021年1月22日に発売の発表がありました。

マキタ TD172DRGX 買って後悔しないように重要ポイントをチェックしておこう!

TD172DRGXはTD171DRGXの後継機!

TD172DRGXは、2018年からマキタの18VインパクトのフラッグシップモデルだったTD171DRGXの後継モデルとなります。

TD172DRGXの本体カラーは5色展開!

TD171Dと比べて2色変更になっています。

ブルー(マキタカラー) ブラック オーセンティックレッド オーセンティックパープル フレッシュイエロー
マキタ-TD172D-ブルー マキタ-TD172D-ブラック マキタ-TD172D-オーセンティックレッド マキタ-TD172D-オーセンティックパープル マキタ-TD172D-フレッシュイエロー

新色としてオーセンティックパープルやフレッシュイエローが登場しました。

定番色だった白色がなくなっちゃいました。

ホワイトって人気色だと思っていたら違ったんですね?

汚れが目立つからあえて選ばないってことなんでしょうか。

TD172DRGXはバンパーの色が選べる!カラーバンパーで個性を出そう!

TD172D-カラーバンパー

TD172Dはカラーバンパーが使えるようになりました。

青、黒、レッド、イエロー、パープルと本体色に合わせたラインナップがあります。

標準の白バンパーも合わせれば6種類あります。

本体色5色と掛け合わせて30通りの色の組み合わせができますね。

個性を出せるし取り違え防止にもなりますね。

TD172DRGXのおすすめポイントは?

TD172DRGXは、TD171DRGXよりもさらに使いやすくなりました。

ポイントをまとめてみましょう。

TD172DRGXはさらにコンパクトになった!

さらにコンパクトに!

TD172DRGX-全長114mm-ヘッドのみ

ヘッド部の全長が114mmとなり、さらに2mm短くなりました。

これまでよりさらに取り回しが良くなります。

ここ10年で5mmくらいのサイズダウンになってます。

旧型よりも1ミリでもコンパクトにしようというマキタの姿勢に脱帽ですね。

TD172DRGXは隅打ちがしやすくなった!

ヘッドがスリムになった!

TD172DRGX-隅打ちしやすい

ヘッド部に角度が付きスリムに!

TD172DRGXはヘッドの角が取れたので壁際などの隅打ちがしやすくなりました

隅打ちでもカムアウトしにくくなります。

ネジの頭からビットが外れてネジ頭をなめるミスが減ります。

実際にどれくらいスリムになったかはこちらのTD172Dの実機レビューをどうぞ!

 

TD172DRGXはビットの差し込みがラクになった!劇的な変化!

ビットが軽い力でラクに差し込める!

TD172DRGX-新・ワンタッチビットスリーブ

TD172DRGXでは「新・ワンタッチビットスリーブ」を搭載。

ビットがさらに軽い力でワンタッチ装着できるようになりました!

  • ビットスリーブ内部のポッチの場所が変わった(平面部から角部に)

このあたりが改良点なのかなと思いました。

とにかく感動的にラクになりました。

ビットの差し込みが固くないので作業がスムーズになります。

以前のワンタッチスリーブはあり得ないほど固かったので、やっと本当のワンタッチになった気がします。

地味だけどうれしい改善ですね。

TD172DRGX-新・ワンタッチビットスリーブ&大きくなったアンビル

TD172Dの実機でビットを差し込んだらメチャクチャ楽に入りました!

この改良点だけでもTD172Dを買う価値が十分ありますよ!

ビット差し込むのが楽しくなりますよ!

TD172DRGXはアンビルが大きくなり、強度アップした!

TD172DはTD171Dに比べてアンビルが大きくなりました。

そして強度もアップしました!

40Vmaxのインパクトと同じアンビルになったようです。

これもレビューしています。

TD172DトルクはTD171Dと同じです。

しかしアンビルが割れたりするトラブルは減ると思われます。

TD172DRGXはLEDライトの使い勝手が良くなった!

LEDライトとして置いて使える!

TD172DRGX-ライトモード

ライトモード搭載。

正逆転切り替えレバーが中立状態のままトリガを引くと「ライトモード」になります。

左右2灯のLEDライトが連続点灯し、暗い作業現場でLEDライトとして使えます。

LEDライトは1時間連続点灯後、自動で消灯します。

以前は消灯するたびにこまめにトリガーを引いて再点灯させていました。

まるで西部劇のガンマンでしたが、もうその必要はなくなりますね。

それどころか据え置きして使えるので両手が使えてうれしいです。

TD172DRGXのセット内容

TD172DRGX-セット内容

TD172DRGXのセット内容は以下の通りです。

  • TD172DZ(本体)
  • バッテリ(BL1860B)2本
  • 充電器
  • 専用ケース
  • プラスビット2-65
  • フック

あとは説明書とアフターサービスの連絡先が入っていました。

マキタTD172DRGX-説明書

TD172DRGXの専用ケースには、6.0Ahバッテリーが4本も入る!

TD172DRGX-マキタ-専用ケース

TD172DRGXの専用収納ケースは、旧型のTD171Dの収納ケースとは中身が違います。

大きな変更点は「6.0Ahバッテリー」が4本収納できるという点です。

これまでバッテリーの収納に困っていた方にはすごくうれしい改良です。

TD172DRGXの発売日と入荷状況・在庫について

TD172Dの発売日は2021年1月22日です。

とはいえ全国のマキタの営業所から販売店に届くのには時間がかかるようです。

TD172DRGXの実店舗の在庫は?(金物屋さん・ホームセンター)

金物屋さんや大きなプロ用電動工具を扱うホームセンターの大型店などには早めに入りそうですね。

一番早く販売できるのは金物屋さんでしょう。

さらにマキタさんとのパイプが太い金物屋さんの方が早く納品されるんじゃないでしょうか?

しかし2021年1月末時点ではTD172DRGXまだまだ店頭に並ぶ数は少ないと思われます。

もちろん納品されてもすぐに売り切れると思うので予約しての順番待ちになると思います。

TD172DRGXのネット販売の在庫は?(Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング)

2021年1月26日現在、Yahoo!ショッピングではTD172DRGXの販売が始まったようです

即日発送しているお店もあれば、予約販売のお店もあります。

2021年1月30日頃には楽天市場でもTD172DRGXの販売が始まっています。

ネット通販とはいえ、実際に販売しているのは通販をやっている金物屋さんのようですね。

AmazonではまだTD172DRGXの販売が確認できていません。

アマゾンでも販売が始まったようです。(2月22日に確認)

アマゾンでも販売開始! ⇒ マキタ 最新インパクト TD172DRGX

Yahoo!ショッピングや楽天市場と比べると販売開始が1カ月くらい遅かったです。

販売店と在庫は以下のような感じです。

「アクトツール川崎店」さん:残り数台。

「PCボンバー」さん:残り数台。

「amazon.co.jp」:1ヵ月~2ヵ月以内に発送。

 

 

TD172DZ 本体のみの販売状況は?

マキタ(makita)はインパクトドライバーを本体のみ(バッテリーなし・充電器なし・ケースなし)も販売しています。

型番はTD172DZ(本体のみ)となります。

ネットで販売されています。

2月22日現在、ホームセンターではまだまだ手に入りにくそうです。

金物屋さんならもうそろそろ買えるんじゃないでしょうか?

 

TD172D専用のカラーバンパーの在庫や販売状況は?

2021年1月30日にはYahoo!ショッピングでTD172D専用のカラーバンパーの販売が始まっていました。
楽天でも販売されています。

 

TD172DRGXの価格は?最安値はいくらになるか?

TD172DRGXの価格は以下の通りです。

※価格は標準小売価格(消費税込み)です。

  • TD172DRGX フルセット 74,910円(税込) ※68,100円(税抜)
  • TD172DZ      本体のみ  25,520円(税込) ※23,200円(税抜)

 

Yahoo!ショッピングでは48,000円台で販売を始めたみたいです(送料別)。

町の金物屋さんで買うと5万5千円くらいが実勢価格のようです。

TD172DRGXは発売されたばかりなので、しばらくは価格が高めだと思います。

TD172DRGXの最安値はいくら?

需要と供給が安定すれば、最安値は大体40,000円~4,5000円程度に落ち着くと思われます。

これまでのマキタの18Vフラッグシップインパクトも歴代そうですから。

スペック的にはほとんど変わっていないので今回もそれくらいの最安値になると思います。

2021年2月22日時点の最安値は48,000円~49,000円です。

 

 

TD172DRGXが故障したら修理はどうする?メーカー保証や修理について

TD172DRGXにメーカー保証書はついているの?

「ネット通販は故障時の保証がなぁ」

「やっぱ実店舗かなぁ」

家電だとメーカーの1年保証とか3年保証がついていますよね。

でも電動工具の場合はちょっと違います。

電動工具には基本的にメーカー保証はありません。

マキタのインパクトTD172DRGXについてもメーカーの保証書はありません

TD172DRGXを買ったら初期不良だった場合。返品、交換もしくは返金してもらえるか?

たとえネット通販であっても、購入して1週間程度であれば初期不良として対応してくれるはずです。

ただしそれが返品&交換になるのか?

はたまた返品&返金になるのか?

それとも修理対応となるのか?

修理中は代替品を貸してくれるのか?

その辺は購入した販売店との話し合いになると思います。

マキタの正規の販売代理店から購入していればやり取りはスムーズでしょう。

ネット通販の小規模店舗だとやり取りは大変かもしれません。

ネット通販でもアマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングなどの大手ショッピングモールならきちんと対応してくれると思います。

特に販売者がアマゾンだったら、返品期限内であれば簡単な理由を入力するだけで返品&返金してもらえます。

TD172DRGXを買って1年以内に故障。修理は可能?修理代は無料?有償?

TD172DRGXなどの電動工具はメーカー保証がありません。

でも、実際には購入から1年間程度は自然故障であれば無料で修理してもらえることもあります。

明らかに落下して壊れたとかだと難しいでしょう。

過失が明らかな場合は有償修理での対応となるでしょう。

この際大切なのは「いつどこで買った」という購入元の証明です。

金物屋さんやホームセンターなどに持ち込んだとしても、最終的にはマキタの営業さんの判断になると思われます。

たとえネットショップで買ったとしても、きちんと購入を証明できれば無償修理も可能かもしれません。

マキタの正規の販売店に出向いて対面で購入した物であれば1年間は無償修理してもらえるはずです。

本来、プロ用のインパクトドライバーは数か月程度の使用では壊れませんので。

どこで買うにしろ、購入証明できるレシートや領収書などをしっかり保管しておきましょう。

TD172DRGXが数年使用したら故障した。修理できる?それとも買い替え?

TD172DRGXはマキタのプロ向けのインパクトドライバーです。

マキタのプロ用電動工具なら、数年使用していても購入店に相談すれば修理自体は受け付けてもらえます。

修理代金については基本的に有償修理です。

ネット通販などでやり取りが難しいならマキタの営業所に相談してみるのも良いでしょう。

ちなみにDIY向けのインパクトドライバーは修理は出来ません。

なので長い目で見るとDIY用よりプロ用の方がコスパが良いなんて事もあり得ます。

マキタのプロ用(明るい緑色以外の色)であればネット通販で購入した物であっても修理は可能です。

TD172DRGXの修理代はどれくらい?

本格的な修理については、分解して原因を突き止めるような修理ではなく、症状などから部品を推定し、ユニット単位で交換しての修理だと思います。

パッケージになったある程度まとまった部品をユニット単位でごっそり交換するやり方です。

なのでパターン別に修理代金も大体これくらいと決まっていると思います。

そのおおよその代金を聞いてから修理するか、もしくは買い替えるかを判断する事になると思います。

ちなみに修理したらお得かというとそうでもありません。

仮にTD172DRGXのフルセット価格が50,000円だったとします。

その内訳はこんな感じになります。

  • TD172Dの本体:17,000円
  • バッテリー2本:28,000円
  • 充電器             :  5,000円

 

充電式電動工具の場合は、その金額の半額以上がバッテリーの価格です。

TD172Dの場合、本体の買い替えなら17,000円くらいで済むと思います。

TD171Dの本体価格もそれくらいですから。

もしTD172D本体の修理に1万円以上かかるとしたら、買い替えと比較して大して出費は変わりません。

なので修理の見積もり金額を出してもらってから、どっちにするか考えればいいでしょう。

バッテリーや充電器は本体を買い替えても問題なく使えます。

フラッグシップモデルは大体3年に一度モデルチェンジします。

なので故障時点ですでに後継機モデルが出ているのであれば、新しいモデルのインパクト本体に買い替えるのもありですね。

TD172DRGXが安いお店は?ホームセンター?マキタ代理店?ネット通販?

仕事で使うならマキタの正規販売店の方がいいかも?

プロの方ですでに付き合いのある代理店がある方はマキタ代理店で買われるでしょう。

安さだけではなく丁寧なサービスを受けられるでしょうし、工具全般の情報や知識も得られるでしょう。

故障時のアフターメンテナンスが迅速に受けられます。

マキタは営業所も日本全国にありますからね。

TD172DRGXのような職人が仕事で使う道具の修理は時間との勝負です。

仕事にはお客さんがいて納期がありますから。

プロの方なら部品の取り寄せや代替え機の貸し出しなどの親身に相談に乗ってくれる正規の販売代理店に直接足を運ぶのがベストでしょう。

電動工具自体が安いかどうかより、サポートを重視して方が良いです。

自身の仕事のパフォーマンスを上げて全体のコスパが良くなれば、結果的に「安い買い物だった」と思えるでしょう。

TD171DRGXの実機を触ってみたいなら大きなホームセンターへ!

なじみのお店が無い方やDIYで使う方なら、プロ用のインパクトを販売している大きなホームセンターでいいんじゃないでしょうか?

DIYで使うからシビアな納期もないし、作業が止まっても職場に迷惑をかけることもないでしょう。

職人でもないのに正規の販売店に行くのはちょっとハードルが高いですからね。

また、プロ用電動工具を扱うおおきなホームセンターなら実機が置いてあります。

木材にコーススレッドビスを実際に打ち込んだりと、TD172DRGXの実機レビューが出来るかもしれません。

近くに大きなホームセンターが無い場合は・・・後述のネット通販の方がいいでしょう。

「遠方のホームセンターまで車で行ったら、ガソリン代の方が高くついた」

これはよくあるパターンなので気をつけましょう。

TD171DRGXを安く買いたいならネット通販。価格コムやアマゾン、楽天市場、ヤフーショッピング!

安さにこだわるならネット通販がおすすめです。

ホームセンターより1万円くらい安いですから。

TD172DRGXのようなフラッグシップインパクトでも、ネット通販は驚くような安い価格で売られています。

TD172DRGXをネット通販で最安値で買うには?

ネット通販の最安値を狙うなら価格ドットコムで安いお店探せば見つかると思います。

最安値の順に一覧でチェックできます。

ネット通販は個人情報流出の危険性に注意!

ネット通販を利用するときには注意点があります。

まずは個人情報の扱い。

「初めて購入するどこにあるか分からないお店に個人情報を登録するのは怖い!」

そんな方も多いです。

自分の氏名や電話番号、住所、カード情報などを相手に渡すことになるからです。

ネットのお店に注文するときは

「実店舗があるのか?」

「過去の取引数はどれくら?」

「評価は良いか?低評価のコメントにはどんなことが書いてあるか?」

そんなところをチェックしておきましょう。

ネット通販はIDやパスワードの管理が面倒!

アマゾン、楽天、ヤフーなどの大手ショッピングモールは一度ID登録すればそれを使えます。

でもいくら安いからと言って毎回、新たなネット店舗から購入するとそのたびにユーザー登録を求められます。

個人情報の登録に手間がかかるし、新たにユーザーアカウントを作るといIDとかパスワードとかいろいろと覚えておく必要があります。

さらにメールアドレスに個々の店舗から販促メールが送られてきます。

1,000円安いからと言って頻繁にこれらの手間をかけるのは、長い目で見ると損です。

ネット通販はトラブル時が大変!

トラブル時の返品や返金のやりとりも直接業者と行う事になります。

こういう点が気になるのであれば、大手のショッピングモールから購入した方が安全でしょう。

おすすめはアマゾン、楽天市場、Yahoo!ショッピングあたりですね。

すでに登録済みの方はポチっとボタンをポチるだけです。

ためてあるポイント使えます。

楽天スーパーセールやAMAZONプライムデーやサイバーマンデーなどのセール時にはかなり安くなります。

さらに楽天のお買い物マラソン、AMAZONプライムデーなどのポイントアップキャンペーン時はポイントが何倍も多くもらえます。

おすすめはアマゾン(Amazon)です。

プライム商品なら大抵最安値に近い価格ですし、プライム会員は送料無料で納期が早い。

しかも返品システムが確立しているから、簡単な理由を入力すれば簡単に返品できます。

アマゾンカードに入会しておいてポイントアップキャンペーン時を狙えば完璧でしょう。

そういう意味ではAMAZONなどしっかりした返品システムがある販売元から買うのが良いでしょう。

まとめ

TD172Dはかなり使いやすく改良されています。

基本性能では大きな進化はありませんが、ユーザー目線での改善によりさらに取り回しが良くなっています。

カラーラインナップもユーザーの好みを取り入れて新たなカラーが選べるようになりました。

カラーバンパーを付ければ自分だけの好みの組み合わせで個性も出せます。

TD172DRGX専用収納ケースに至ってはバッテリーが4つも収納できる優れものです。

TD172Dはより使いやすく、よりおしゃれになりました。

私個人的には「新・ワンタッチビットスリーブ」が最高に使いやすいです。

ビットの装着がメチャクチャ軽くはいるので楽です。

TD171Dよりさらに使いやすく作業性も向上したTD172Dです。

最新記事

TD172DRGX 1

2021年1月、マキタの新型18VインパクトTD172DRGXがついに発売されました。 マキタの新型18Vフラッグシップインパクト TD172DRGXです。 2021年1月22日に発売の発表がありまし ...

TD172D-マキタ-徹底レビュー! 2

2021年発売のマキタ(makita)最新型18Vインパクト TD172D が発売されました。 今回はこのTD172Dの特長を徹底レビューします。 目次1 TD172D マキタの最新インパクトはここが ...

-インパクトドライバー

Copyright© DIYを楽しもう! , 2021 All Rights Reserved.