DIYを楽しもう!

マキタのインパクトドライバやボッシュのおもちゃ、DIYや生活グッズなどを書きます。

ナイロンカッターはオススメ!【使用レポート】-草刈り機、刈払機

 

目次

ナイロンカッターの効果はどれくらいか?

8枚刃やチップソーの代わりに使用するナイロンコードカッター。
使い方や感想、機能の比較、おすすめナイロンカッター等を紹介します。

ナイロンカッター-マニアルロータ

ナイロンコードの巻き方、おすすめの排気量、おすすめの草刈り機刈払機マキタゼノアリョービ)も紹介します。

参考になればうれしいです。

ナイロンカッターとは?

ナイロンカッターとは、草刈り機(刈払機)の先端に装着して使用する道具です。

金属刃の代わりに装着するアタッチメントのようなもので、ナイロンの紐をぶんまわしながら草を刈り取ることができます。

一般的には「安全で隅や際の雑草が刈りやすい」という利点が好まれるので、障害物の多い現場で良く使用されます。

コンクリートや岩などの障害が多い現場では、作業効率が抜群に高くなります。
草刈り界に革命を起こした画期的な商品だと思います。

本格的なハイパワーのエンジン式刈払機だけでなく、家庭用の充電式草刈機電動草刈機(電源コード式)でもナイロンコードが使われています。

金属刃かナイロンカッターのどちらが良いという事ではありません。
それぞれに長所と短所があるので、両方を準備しておき作業環境によって使い分けるのが賢い使い方です。
柔らかい草は4枚刃や8枚刃、硬い草や茎・竹にはチップソー、そして障害物の多い場所ではナイロンカッターという感じで刈刃を使い分けます。

とはいえ草刈り機や刈払機の初心者には、金属の刃より心理的抵抗が少ないと思います。
大ケガをするリスクもかなり低減されますから、ナイロンカッターはおすすめです。

ナイロンカッターの使い方

草刈り機へのセット

ナイロンカッターのユニットには、あらかじめナイロンコードを巻き付けておきます。
基本的には4m~5m程度の長さのコードを巻き付け可能です。

ナイロンコードを巻き付ける方向は草刈り機の回転方向に合わせる必要があるので注意して下さい。
後ほど詳しく書きます。

そして草刈り機の金属刃を外し、代わりにナイロンカッターのユニットを装着します。

作業準備

草刈り機に装着したらナイロンカッターのユニットの穴からナイロンコードの両端を引っ張り出します。
長さは一般的に10センチ~20センチ程度です。
あまり出し過ぎると負荷が高くなりすぐに回転数が落ちてしまいますし、エンジンにも負荷がかかります。
草刈り機本体のパワー(排気量)やナイロンコードの太さなどによって調整します。

使用方法(草刈り作業)

ナイロンコードが消耗して擦り切れるとどんどん短くなります。
短くなると切れなくなるので、その都度コードを伸ばしながら使用します。

経験上、コードがちぎれて飛んでくるという事はありません。
いつの間にかすり減って無くなっていきます。

すり減ると負荷が減ってエンジン音が軽くなるのですぐに分かります。

コードの補充

コードが残り少なくなったら、ナイロンコードを新たに巻き付けます。
コードのスペアがなくなったら新たにナイロンコードを購入します。

ナイロンコードにも色々あります。
基本的な丸いコードのほかに、四角いコード、ねじってあるコードなど、草が切れやすいような工夫をしてある物も売られています。
色々と試してお気に入りを見つけてみて下さい。

ナイロンコードは太さにも違いがあります。
太さについてはナイロンカッターユニットによってサイズが指定されているものもありますし、草刈りきの排気量によっても推奨サイズが異なります。

この辺はナイロンカッター本体やナイロンコードの説明書をよく読んで、持っている草刈り機、刈払機のパワーと比較して検討してください。

結論は・・・かなり使える!購入すべし!

使ってみた感想は「買ってよかった!」です。
シンプルなタイプを1つ購入しておけば、作業が圧倒的に楽になります。

ナイロンカッター-マニアルロータ

ナイロンコードはココが良い!

使い方は簡単。
メリットがたくさんあります。

ナイロンカッターならこんな場所もラクラク!

金属刃では難しい以下のような場所の草刈りが、超簡単にできます。

フェンス際の草刈り-国民生活センターより

◆コンクリート周り
◆岩や石のある場所
◆建物の基礎や塀の立ち上がり部分
◆石垣や生垣、フェンスなどのきわ

キックバックがないので安心!

「キックバック」って知ってますか?

回転する刃が障害物にガツンと当たり、こちら側へ向かってはじかれる現象です。
刃が回転する電動工具全般で起きる現象です。

一番危険なのはチェンソーですかね。
あと、丸ノコとかもそうです。

年に数件の死亡例もあるようです。
負傷事故はその10倍は起きていると思われます。

知らない方はここを参考にして下さい。
⇒ 森づくり安全技術・技能全国推進協議会

キャッシュバックなら喜んで受け取りますけど、キックバックは受け取りたくないですね。

国民生活センターでも推奨!

実は「国民生活センター」でもナイロンカッターの使用を推奨しています。

ナイロンコードはキックバックが起きないからです。

チップソーや8枚刃などの金属刃だと、硬い障害物とぶつかると火花が飛び、砕けたコンクリートのかけらや欠けた刃が飛んでくる恐れがあります。

しかし、ナイロンカッターはコンクリートや石を砕くほどの威力はありませんし、ナイロン自体は磨耗して短くなるだけです。
雑草のクズ砂や小石はいっぱい飛んできますけど、重傷・致命傷になるようなものは飛んできません。

初心者や女性、力のない高齢の方、怖がりの方、安全にこだわる方・・・ナイロンカッターがおすすめです。

実際に使用してみた感想(体験レポート)

私が購入したのは「マニアルロータ」!

私が購入したのは、とても安価なシンプルタイプです。
マニアルローター」という商品です。

ナイロンカッター-マニアルロータ

【マニアルローター(BIG M・丸山製作所)】

ナイロンカッターの効果に懐疑的だったので、ハズレても良いように安価な商品を買いました。
価格は1,000円ちょっとです。
amazonでも買えますよ。

構造がシンプルで使い方も一目で理解できます。
初めての購入ならこれで十分ではないでしょうか?

詳細

商品名 ロータリーカッタ【マニアルロータ】
製造元 スターテング工業株式会社
ロータリーカッタ型式 G200306
刈払機 回転方向 左回転用
標準ナイロンコード コード径:φ2.4mm、コード長:4m
標準適用機種 エンジン式刈払機
エンジン排気量 20cc~40cc
価格 1,000円程度
購入先 コメリ

 

身体にも精神的にも疲れない!

腰や背中への負担が軽減された!

私にとっての一番の魅力は、腰や背中への負担が軽減されたことです。
腰痛持ち(手術歴あり)の私にとっては、かなり負担が減りラクになりました。

危険が減り、精神的にラク!

従来の金属の刃で火花を飛ばしながらの草刈は、緊張で背中や腰がガチガチになります。

慣れない人間は、特に神経を使います。
ミリ単位でコンクリートや岩に刃を近づける際は緊張が高まります。

この緊張で精神的に疲れ、なんだか作業が億劫になります。
気付いたら奥歯をかみ締めていて、あごが疲れ頭痛がするときもあります。

ナイロンカッターを使い、エンジン出力を調整しながら使えば、そういった緊張を感じずに気軽に際を刈る事が出来ます。

金属刃は危険と前述しましたが、実際にはこの緊張感が一番体に悪い気がします。
ちょっとしたケガは治りますけど、腰痛・ヘルニアになると一生後悔します。

疲労回復の方法

刈払機を使うと身体へのダメージが大きいです。
機械と同じで、あなたの身体もメンテナンスが必要です。

個人的にはウォーキングと水泳(プール)が超おすすめです。
特にプールが良いです。

部分的にガチガチになった筋肉がほぐれ、体のダメージをリセットしてくれます。
長いスパンで良い仕事をしようと思うなら、自分の心身も大切にメンテナンスしましょう。

狭い場所、岩やコンクリートでの作業効率が大幅UP!

円盤の金属刃(鋼製刃物)では入り込めない狭い場所の雑草は、手で抜くしかありません。

しかし、ナイロンカッターの場合はローターの直径が小さいので、ナイロンをちょっとしか出さないように調整すればかなりコンパクトな直径となります。

狭い場所にも差し込んで草を処理できます。
これは大変便利です。

手で処理することを考えれば、作業効率は100倍にUPします。

ナイロンカッターが向いている場所、草

◆コンクリートの隙間から生えている草
◆塀の立ち上がり部分
◆鉄柱
◆電信柱
◆フェンス周り
◆石垣の立ち上がり部分
◆やわらかめの草
◆芝
◆背丈の低い草

ナイロンカッターが向いていない場所、草

◆砂や乾いた土の多い場所・・・砂や土を巻き上げてほこりが凄い
◆小石が多い場所・・・小さい小石はバシバシ飛んでくる。
◆ツタやツルが多い場所・・・切れずに絡まる。
◆背の高い草・・・切れずに折れて絡み付いてくる。
◆幹の硬い草・・・切れない、皮だけ剥けていく。

経済的である

磨耗したら、ナイロンの紐をちょっと伸ばすだけでまた使えます。
私の購入したマニアルローターには、最初から直径2.4mmのナイロンコードが4m巻かれていました。付属していたナイロンコードで数ヶ月は持ちました。

ナイロンカッター-マニアルロータ

その後、追加でナイロンコードを購入しました。

ナイロンコード_bigm

このナイロンコードは一番シンプルなタイプで数百円です。
4mずつ巻いても4回分近くあります。

個人の敷地の管理なら1年は十分持ちますよ。

ナイロンコードの巻き方(交換方法)

ナイロンカッターの種類によって巻き方が違うので、それぞれ説明書を読んで巻きつけることになります。

基本的な巻き方

刈払機(草刈機)の刃は反時計回りに回転します。
なのでナイロンコードは時計回りに巻いていきます。

まずは、4~5mのナイロンコードをナイロンカッターの穴に通して二つ折りにし、端をそろえた状態にします。

ナイロンカッター_巻き方1

両端を合わせたまま時計回りにぐるぐる巻きます。

ナイロンカッター_巻き方2

巻き終わったらコードの端を180度に開いた状態でそれぞれの穴から外に出します。

ナイロンカッター_巻き方3

反対から見るとこんな感じです。

ナイロンカッター_巻き方4
片一方が半周分長くなるので、はさみかニッパーか何かで切って長さをそろえれば終わりです。
外側に15センチ~20センチ位でるようにカットするのが一般的だと思います。

まず最初は金属製のシンプルで安価なものを買うといいです。
上記のように構造も使用方法も簡単なので、説明書を見なくても直感で良く理解できます。

ナイロンコードの出し方

ナイロンカッター購入時は、本体に最初から付属してセットしてあるのでいきなり使用できます。

使用中にナイロンの先端が磨耗して短くなったら、穴から抜いて、45度もしくは90度分ほどいた所の穴に差し込みます。もう片一方も同じように抜いて差し込みなおします。
この時もそれぞれ反対側(180度)にコードを出します。

ナイロンカッターの選び方

シンプルなタイプ。

初めてなら、シンプルで安い物でいいと思います。
まずは、ナイロンカッターってどんな感じなのか?を知るために購入して見ればいいと思います。

ナイロンコードの調整を行う時には、危険なのでエンジンを停止してから行います。

良い点:安い。構造がシンプルで理解しやすい。壊れにくい。
悪い点:ナイロンコードがすり減る度に、機械を停止させてコードを出す必要がある。

1,000円以下のローターも売ってあります。

ナイロンコードが自動・半自動で出てくるタイプ

ナイロンカッターのロータリーには、自動や半自動でナイロンコードを出してくれる機能がついた製品もあります。

自動・半自動のタイプは、作業を続けながら調整ができるのが利点です。

障害物の多い場所では、ナイロンコードがすぐに擦り切れて消耗してしまいます。
自動タイプを使えば、作業を止めることなく効率的に行えます。

但し、多機能になれば構造が複雑になり故障も増えます。

良い点:コードがすり減ると自動で出てくる。地面を叩くとコードが出てくる。
悪い点:高価。コードが詰まる場合ばある。構造が複雑で理解しにくい。壊れやすい。

本格的な連続作業をする方へおすすめです。

山善(YAMAZEN) 刈払機用 静音 全自動繰出し式ナイロンカッター GA-01

これは評価の高い売れ筋商品です。
何もしなくても、すり減った分のコードが自動で出てきます。

アマゾンの口コミも多く人気があります。

高儀 斬丸 ナイロンコードカッター叩き繰り出し式PRO T-C

トントンと地面を叩けばナイロンが出てくるタイプです。
コードをあえて出したくない時にも融通が利くと思います。

ナイロンカッターでの草刈りにおすすめのアイテム

ナイロンコードでの草刈りは、金属刃に比べ小石や細かい草のくずが大量に飛んできます。

特に砂地だと小さい小石や砂がバシバシと飛んできて痛いです。
大きな砂利は動く程度で飛んだりはしませんが、砂を巻き上げるので目に入れば作業を中断することになります。

金属の刃での作業時に飛んでくるかけらに比べれば威力も危険性も低そうですが、飛んでくる量に関してはナイロンカッターの方が圧倒的に多いです。

目や顔を守るアイテム

どちらにしても目の保護は必要です。
最低でもメガネはかけましょう。

私は普段からメガネをかけているのでそれで代用?しています。
しかし、汗と草の屑でビックリするくらい汚れます。
まぁ、石鹸で洗えばすぐきれいにはなりますが・・・。

でも顔にビシッっと小石が飛んでくると、一気にブルーになります。
顔のガードはあるに越したことはないですよ。

セフティー3 草刈機 刈払機用 防災面 補強シールド KB-15

顔全体を守るシールドです。
普段眼鏡をかけない方はこちらの方が良いかも。

身体や作業服を守るアイテム

ナイロンコードでの草刈り作業時には草のクズが大量に飛んできます。
作業が終わった後は、靴とズボンのすそから太もも辺りにかけて細かい草のクズがびっしりくっつきます。
ちょっとした迷彩服です。

草くずでケガはしませんが、作業後にしっかり屑を取り除かないと洗濯機が大変なことになります。

さらに屑が取れても屑が付いた場所は草の色が染みついて緑色になります。
飛散防止のシールドやエプロンなどを使わずにナイロンコードで作業をするのであれば、汚れることを前提で作業着を選んでください。

使い古しのジーパンなどでもいいと思いますが、以後は洗濯をしても緑色の汚れは取れませんのでそのつもりで。

草刈機・刈払機にも標準の飛散防止カバーが付いていますが、小さめのカバーではナイロンコードで草刈りをする場合にはカバーしきれません。
作業着を汚すのが嫌なら、大きめの飛散防止カバーやエプロンを装着した方が良いです。

飛散防止に評判の良い「ドデカカバー」などが良いです。

山善(YAMAZEN) 草刈機用 飛散防護カバー ドデカカバー BBK-1

草刈り機に付属している標準のカバーはナイロンコードでの作業を想定していません。
小さいので、草や小石の飛散をあまり防げません。

下記の「ドデカカバー」など、ナイロンカッター用のカバーを購入すればかなり防げます。

エプロンを装着すれば完璧です。
対して高くないので、お気に入りの作業着が台無しになるよりマシです。

【広告】




刈払機のパワー(排気量)はどれくらい必要か?

草刈機、仮払機にも排気量による違いがあります。

例えば、自動車だと「軽自動車」や「コンパクトカー」、「スポーツカー」や「高級車」などそれぞれ排気量によってパワーが違いますよね。

刈払機も動力、電圧、排気料(ccやmlで表示)の種類によってパワーが異なります。
一般的には充電式よりエンジン式の方がパワーがありますし、エンジン式でも2ストロークより4ストロークの方がパワーがあります。

動力が電力なり充電式18vバッテリーより充電式36vバッテリーの方がハイパワーですし、家庭用電源(AC100v)ならもっとパワーがあります。

エンジン式の排気量の種類

「雑草が生い茂った場所」の本格的な刈払いや「家畜の飼料」の牧草を刈り取り等の作業にはエンジン式の刈払機(草刈機)が使用される事が多いです。

エンジン式はパワーがありますし、長時間の作業が可能です。

さらに排気量によってパワーが異なります。
以下のような感じです。

排気量  価格 用途
 21cc  2~3万円 DIY、初心者、女性
 25cc  4~6万円  農家、林業、セミプロ
 30cc  7~8万円  プロ、仕事で頻繁に使う

 

ナイロンカッターを使うのであれば、25cc程度以上の排気量がおすすめです。

21cc程度の排気量の場合

排気量が小さいと、パワーMAXで運転しないと、すぐにナイロンカッターの回転が弱くなります。
また、ナイロンコードの直径も2mm程度の物を使うことになります。

コードが太すぎると、抵抗が大きいのでエンジンに負荷がかかる為です。
金属の円盤刃に比べてさらにパワーが必要なので、常に回転数を回復させながらの使用になります。

25cc以上の排気量の場合

排気量が大きければ大きいほどパワーが安定して効率もいいです。
ナイロンコードの直径も3mmなどの太いものが使えるので、作業効率が上がります。

排気量の小さい刈払機を使用する場合のコツ

色々と書きましたが、恥ずかしながら私の使用している刈払機はゼノアの21.7CCです。
普段は8枚刃やチップソーで草刈りを行い、入り組んだ場所でナイロンコードを使用します。

ちなみに21cc程度の小排気量の刈払機でも、ナイロンコードは使えます。
実際に使っているので大丈夫です。
でも、力不足であることは自覚しているので、それなりに工夫しています。

負荷がかかっているかどうかは、エンジンの音でもある程度わかると思います。

以下のような工夫で乗り切りましょう。

◆ ナイロンコードは細めの直径(2mm)程度の物を使う。
◆ ナイロンコードを通常より短めに出す。(回転時の負荷を減らす為)
◆ 一気に刈らず、回転数を確保(回復)させながら使用する。
◆ プラグの掃除、交換をきちんと行う。

◆ エアクリーナーの掃除、交換をきちんと行う。
◆ 軸受部のギアボックスに摩耗防止のグリスを注入(補充)する。

◆ 硬い草や刈りやすい場所は予め金属刃で作業して、ピンポイントでナイロンコードを使う。

色んな工夫をすれば20㏄程度の刈払機でもナイロンコードで作業ができます。
逆に、いくら大排気量でもメンテナンスを怠たればエンジンの出力も低下してパワーが落ちます。

愛情をもって接すれば機械も応えてくれると思いますよ。

小排気量だと使えない?

21.5ccだからといってまったく使えないといった事はありません。
DIYとか庭の手入れなら十分です。

しかし、山林・田畑の管理やプロとして草刈を行う方には力不足でしょう。

おすすめの刈払機は?

ゼノアの25ccクラスなんかはおすすめです。(個人的な見解)
赤色が好きな私は、デザインも結構気に入ってます。

旧モデルだと、数万円の割引もありますよ。
amazon、楽天のショップで比較すると、お店によって価格がかなり違います。

農家などプロが使うゼノア

ゼノア(コマツ)は信頼のブランドですよね。
農家なら、メンテナンス性も考えてこういうメーカーを使います。

エンジン式は「ババババッ、ブイーーン」と大きな音がしますが、パワーと携帯性は申し分ないです。まぁ鉄板ですね。

今は「ハクスバーナ・ゼノア」という企業名になりました。

ちなみに、「ハクスバーナ」といえば、チェンソーで有名なスウェーデンのメーカーですね。
やっぱりチェンソーならハクスバーナですよね。
私には手が出ませんが・・・。
でもあのデザイン、男なら絶対あこがれますよ!

Husqvarna 562XP 24″inch Bar

騒音が気になるならマキタの充電式

エンジン式の刈払機は結構音がうるさいです。

都会の住宅地などで騒音が気になる方や、エンジン式の振動や迫力、メンテナンスに抵抗がある方はマキタの充電式の方が静音振動が少ないのでおすすめです。

もしマキタのインパクトドライバーやドリルなどの18vの電動工具を持っていれば、バッテリー(BL1830)や充電器(DC18RC)を共通で使うことができますので、本体のみの購入で使用できます。

MUR367DPT2

エンジン式に負けないハイパワーを望むならこれです。
参考価格で10万円程度(実勢価格7万円余り)と超高価ですが、エンジン式の25ccクラスと同等のハイパワーです。
さらに、騒音もなく、排気ガスもなく、振動も少なく、混合ガソリンの給油なども必要ありません。
これを使ったらエンジン式に戻れなくなるでしょう。

MUR182UDRF

もう少し安くという方にはこの機種がおすすめです。
参考価格6万円程度(実勢価格4万円余り)ですが、携帯性とパワーを備えていますので女性には特におすすめです。

但し、18Vの3.0Ahのバッテリーだと20分位で電池がなくなるらしいです。
最新の5.0Ahのバッテリー(1万5千円程度)を追加購入すれば充電しながら連続使用できそうです。

バッテリー

ちなみに純正バッテリー以外にも他社互換品も購入できますよ。
純正の半額程度ですから、頼んでみて問題があれば返品・交換してもいいと思います。

とにかく安くお手軽に買うならリョービのAC電源タイプ

家庭用電源コードを接続して使用するタイプです。
デメリットとしては取り回しに気を遣う上、近くに電源が必要です。
ですが、たまにしか使わないし、故障したら買い替えればいい位に考えている方には魅力的な価格帯の商品です。

AK-1800

家庭用電源式ですので静音でかつパワーがあります。
人気商品です。

◆参考価格:17,000円

ネットの最安値だと10,000円台前半で購入できるようです。

AK-3000

ナイロンカッターも使えるパワフルタイプです。
人気商品です。

◆参考価格:21,000円

ネットの最安値だと15,000円程度で購入できるようです。

都会の自宅の庭だけならばこれで十分かもしれません。

肩掛けのベルトは絶体に着用してください!

刈払機を使用するときの最大の注意点です。
運転時は必ず「肩掛けのベルト」を装着してくださいね。

ベルトをしていないと、転倒したときなどに刈払機の刃が体に当たって大けがをします。
ベルトの長さをきちんと調節して装着していれば、このケガを防げます。

最後に

これまで一度もナイロンカッターを使ったことの無い方は、是非一度使ってみてください。

効果は抜群です!
1000円ちょっとで除草作業効率が劇的に向上します!

一昔前にはなかったのに、メーカーの努力もすごいですよね。
脱帽です。

今まで苦労していた分、草刈りが楽しくなりました。
私はお試しのつもりで購入しましたが、今ではもう手放せません。

「刈払機・草刈機を持ってるけど、ナイロンカッターは使ったことない」なんて人には絶対おすすめです!

草刈りって、林業・農家や高齢者には切実な問題です。
土地を荒らさないように、つらい体に鞭打って一生懸命に保全している方も多いと思います。

本当に大変ですからね。
人生の楽しい時間がどんどん奪われてしまいます。

ナイロンカッターは作業時間も短縮、作業もラクになります。
1個買ってみてください。
あるのとないのでは雲泥の差ですから。

余った時間と体力を好きな事に使いましょう。
人生もっと楽しくいきましょう。

ではまた!

【広告】


 - 草刈り機(刈払機) , , , , , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした