おすすめ電動工具・安全靴・園芸用品を紹介・レビューします!

DIYを楽しもう!

電動ドライバー

ハイチカ(HYCHIKA)の電動ドライバーがAmazonで売れている件。

最近、アマゾンの電動工具の検索結果にハイチカ(HYCHIKA)という名前をよく目にするようになりました。

中華系の電動工具メーカーのようですが、気になるのでどんな工具があるかをチェックしました。

ハイチカ(HYCHIKA)の電動ドライバー

ハイチカ-電動ドライバー_R

最近Amazonで”ハイチカ”で検索するとヒットするのがこの電動ドライバーです。
※2021年4月現在

ハイチカの電動ドライバーがAmazonで売れている!

Amazonを見るとこの電動ドライバーの評価件数が1,200件と凄い数字になっています。
※2021年4月現在

それだけ多くの人が購入しているという事です。

中華系の電動工具メーカーのようですが、ここまで売れるのには理由があると思います。

気になるのでチェックしてしました。

ハイチカ 電動ドライバー

ハイチカ 電動ドライバーの価格は?

ハイチカの電動ドライバーの価格は3,000円弱です。

価格的にはまあまあ安い方ですね。

ハイチカの電動ドライバーの仕様・性能は?

ハイチカ-電動ドライバー-解説_R

仕様や性能は以下の通りです。

仕様・性能

電源:リチウムイオンバッテリー

ブランド:ハイチカ(HYCHIKA)

電圧:3.6ボルト

速度:180

商品寸法 (長さx幅x高さ):14 x 4.5 x 13 cm

最大チャックサイズ:0.25 インチ

重量:375g

トルク:6 Newton Meters

 

性能は他の電動ドライバーと変わらない。

バッテリー電圧が3.6Vで、トルクが6N・mとの事なので、性能的には他の電動ドライバーと同程度です。

このへんについては特筆する点はないと思います。

この性能で3,000円は、中国企業が販売する電動ドライバーとしては高い方でしょう。

電動ドライバーとしての機能も他と同程度

電動ドライバーなので、トルク調整ダイヤルはついていません。

また速度切り替えスイッチもありません。

トリガーも無段階変速もは対応しておらず、一定のスピードで回転するだけです。

この価格の電動ドライバーとしては一般的な内容です。

じゃあなぜ売れている?ハイチカの電動ドライバーの特長とは!

この電動ドライバーの特長は、1つには「価格が安い」という点です。

とはいえ3,000円程度の電動ドライバーは他にもあります。

ではなぜ売れているんでしょうか?

ハイチカの電動ドライバーには「豊富なビット」が付属している。

ハイチカの電動ドライバーには、以下のビットが無料でついてきます。

  • 30種類近い締め付け用ビット。
  • 5種類の六角ソケットと延長アダプター。
  • ドリルビット1本

ハイチカ-電動ドライバー付属品(工具)_R

【プラスビット】

一番使うのはプラスビットの2番でしょう。

木ネジなどに使います。

25mmのビットの中にPH2が一本ついてきます。

小さいネジならプラスビットのPH1を使います。

これも50mmビットとして付属しています。

 

【六角ビット】

家具の組み立てなどで使う六角ボルトを締めるにはH4~H6辺りの六角ビットが必要です。

これも25mmのビットとして付属しています。

 

【ポジドライブ】

イケアなどで購入する家具には、このタイプのネジが使われています。

ヨーロッパで主流のポジドライブという規格のネジです。

これも50mmのPZ0とPZ1、25mmのPZ2とPZ3が付属しています。

 

ビットの精度・耐久性・互換性

これらのビットについては、精度や耐久性は期待しない方が良いと思います。
※無料ですからね。

でも家庭内でちょっと使う程度であれば問題ないでしょう。

これだけのビットが付属していたら、電動ドライバーが届いたその瞬間にすぐに使えるでしょう。

そういう意味ではとてもありがたいですね。

但し、このハイチカの電動ドライバーには、インパクトドライバーなどで使われている六角ビットの先端工具は使えないとの事です。

差すことはできると思いますが、カチャッと固定されないらしいです。

ビットの端から溝までの長さが違うことが原因のようです。

基本的にはこれらのビットはハイチカの電動ドライバー専用と考えて購入した方が無難でしょう。

とはいえ、価格3,000円の電動ドライバーにこれだけのビットやソケットが付属しているって凄いですね。

特にソケットが付属しているパターンは珍しいです。

ポジドライブのビットも日本製では少ないと思います。

ハイチカの電動ドライバーには「ミニラチェットレンチ」が付属している。

ハイチカ-電動ドライバー付属品(ラチェット)_R

ハイチカの電動ドライバーには、ビットだけでなく「ミニラチェットレンチ」が付いてくるんです。

六角ソケットでボルトを締める工具です。

モンキーレンチや眼鏡レンチでは、締め込むたびにボルトから外してはめ直す必要がありますよね。

でもラチェットレンチは一度ボルトをつかむと、連続で締め込んでいけます。

反対方向にレバーを戻してもボルトが緩まないので効率よくボルトを締めることが出来ます。

レバーを戻した時にカチカチカチッと音がする奴です。

おそらく

  • ボルトの仮締めまでは電動ドライバーを使用!
  • 最後の本締めはラチェットで!

こういった使い方を想定しての付属だと思います。

ラチェットレンチが付属する電動ドライバーなんて見たことないです。

もちろんミニラチェットだから太いボルトは締められません。

でもパソコンや小型家具のボルトなら十分でしょう。

ソケットとラチェットが3,000円の電動ドライバーセットについてくるなんて大盤振る舞いですね。

ハイチカの電動ドライバーは「懐中電灯」としても使えるという衝撃の事実!

ほとんどの電動ドライバーは先端を照らす薄暗いLEDライトが付いています。

でもこのハイチカの電動ドライバーの凄いところは、持ち手部分に別の本格LEDライトが付いている事です。

こんな電動ドライバーは見たことがありません。

ハイチカ-電動ドライバー-LED解説_R

ハイチカの電動ドライバーは「ハンディーライト」にもなります。

スティック状に伸ばした状態でライトを付ければ、普通にLED懐中電灯として使えます。

ハイチカ-電動ドライバーリア懐中電灯_R

これはかなりうれしい機能です。

スマホの充電器で充電できるのも魅力ですよね。

せっかく搭載しているリチウムイオンバッテリーを無駄にせず、災害時にも使えるわけですから凄いです。

それで価格が3,000円となれば買いたくなりますね。

ハイチカ 電動ドライバー まとめ

ハイチカの電動ドライバーは安いだけでなく、付属品が充実しています。

電動ドライバー本体だけではなく、いろんな場面で使用する各種ビットやラチェット、専用ケースが付属しているのが魅力です。

また、懐中電灯としても使える点はかなりのアピールポイントになっていると思います。

「初めての電動ドライバーだから、まずは試しに買ってみたい!」

そういう方にはピッタリかもしれません。

 

最新記事

TD172DRGX 1

2021年1月、マキタ(makita)の新型18VインパクトTD172DRGXがついに発売されました。 TD172DRGXはマキタの新型18Vフラッグシップインパクト です。 2021年1月22日に発 ...

-電動ドライバー

Copyright© DIYを楽しもう! , 2021 All Rights Reserved.