おすすめ電動工具・安全靴・園芸用品を紹介・レビューします!

DIYを楽しもう!

インパクトドライバー

値段が高くても「なめにくいビット」を!インパクトには特におすすめ!

ドライバー系の電動工具で一番使う先端工具は何か?

それは、「プラスのドライバービット」です。

今回はその中でも「なめにくいビット」を紹介します。

なめにくいビットがあるって知ってましたか?

ドライバービットは世の中にたくさん売られています。

電動工具に最初から付属しているものもあります。

ブラック&デッカー-ソフトインパクト-ISD72-付属ビット

ホームセンターに行けば数本で500円程度の使いやすそうなビットもたくさん売られています。

「どれも大して変わらない」

そう思う方も多いと思います。

でもちゃんとあるんです。

「なめにくいビット」があるんです。

なめにくいビット【WERA(ヴェラ)インパクトビット】

WERA-インパクトビット-黒-m

WERAというドイツの工具メーカーのドライバービットです。

このメーカーが販売しているドライバービットは、先端がダイヤモンドコーティングされています。

ダイヤモンドの粉末でザラザラしている感じです。

なので摩擦抵抗があり、差し込んだらカムアウトしにくいんです。

普通ならポロっと外れて落ちるビスも、吸い付いたようにくっついたまま落ちないという食いつきの良さです。

WERA-ヴェラ-インパクトビット両頭-黒-m

長めの両頭ビットもあります。

WERA-ビット-ゴールド-m

小型電動ドライバー用の短いタイプもあります。

他にもいろんな種類があります。

「ダイヤモンドコーティング」と書いてあるものを選べば大丈夫です。

詳しくは販売ページでご覧ください。

⇒ WERA(ヴェラ)の公式販売ページ

コーススレッドビスにはインパクト用の「なめないビット」を使おう!

この記事を読む方の多くがネジをなめた経験がある方でしょう。

そしてネジをなめた時の大変さもご存じだと思います。

インパクトで堅い木材にハイパワーで打ち込んだ時。

ビス頭の溝をなめてしまった時の後悔と絶望感は、やった人にしかわからないでしょう。

ガチガチに食い込んだビスは一度舐めてしまうとアストロン状態になって、あなたの前に立ちふさがります。

反抗期の娘のようにいう事を効きません。

ペンチやプライヤーと使っったり、折り曲げて回したりと、抜くまでにメチャクチャ手間がかかります。

さらに抜いたビスは焼けていて、触るとヤケドします。

もちろん作業は中断され、めちゃくちゃ遅れます。

なので少々高くてもビットは良い物を使った方が良いでしょう。

ビットが折れる分にはそうでもないですが、ビスをなめてしまうと非常に厄介です。

「折れないビット」を使うのも大事ですが、「なめないビット」を使うのはもっと大事ですよ。

ドライバービットについて初心者向けに説明します。

両頭プラスマイナスビット-六角軸

ドライバービットは単体では使えない工具です。

電動工具の先端につけて使います。

その中でも圧倒的に使われているのが、先端が+の形をしたプラスビットです。

インパクトドライバー-ビットスリーブ-外観-ビット含む

こんな感じでインパクトドライバーなどにズボッとさして使います。

プラスビットとコーススレッド

インパクトドライバーやドリルドライバーでは必ず使うプラスビット。

長い物もあります。

プラスビット-六角軸

このプラスビットを使えば、ボルトネジ締めやコーススレッドビスなどのビス打ちが出来ます。

インパクトドライバ-作業風景

写真はコーススレッドビスを木材に打ち込んでいるところです。

コーススレッドビスは釘とネジが一緒になったようなもので、大工さんが良く使う木材締結用のビスです。

短いドライバービットもあります。

IXO5-ビット形状

こちらは小型の電動ドライバーで使用するビットです。

先端の形状は前述と同じプラスの形です。

+1、+2、+3などいくつかのサイズがあります。

通常使われるのは+2です。

今回の記事はこれらのプラスビットがネジの頭を壊してしまう「なめる」という現象についての話です。

最後に。

なめないビットは1本500円などとても高価です。

  • どうでもいい作業のときは「安物ビット」。
  • 納期のある仕事のときは「なめないビット」。

こんな感じで使い分けるといいと思います。

逆にDIY程度であればそんなに摩耗しないので、常に「なめないビット」を使って良いと思います。

WERA(ヴェラ)のビットについてはこちらの販売ページでご覧ください。

⇒ WERA(ヴェラ)の公式販売ページ

-インパクトドライバー

Copyright© DIYを楽しもう! , 2021 All Rights Reserved.