おすすめ電動工具・安全靴・園芸用品を紹介・レビューします!

DIYを楽しもう!

インパクトドライバー ドライバードリル 電動工具

電動ドライバー【選び方のコツ】実機レビュー!初心者や女性は必見!

この記事は電動ドライバー初心者の為の記事です。

「電動ドライバーってどんな種類があるの?」

「電動ドライバー欲しいけど、どれ買えばいいのかわからない!」

「そもそも電動ドライバーって何?」

こんな方に「電動ドライバーの違い選び方」を分かりやすく説明します。

今すぐおすすめ機種が知りたいはこちらの記事をどうぞ!

マキタ_ドライバドリル_DF010D
電動ドライバー【おすすめは?】目的別に初心者にもわかりやすく紹介!

今回は「電動ドライバー欲しい。でもどれを買ったらいいのかわからない!」という方向けの記事です。 使用目的によっておすすめする電動ドライバーが違います。 分かりやすいように用途別に分けてみました。 充電 ...

続きを見る

電動ドライバーの機種。主に3種類あります!

現在、一般的な電動ドライバーは以下のもの主流です。

電動ドライバーの「電源」の種類

  • 家庭用コンセント式
  • 充電バッテリー式(リチウムイオン)

昔はニッカドやニッケル水素なども使われていました。
最近はリチウムイオンバッテリーが主流で価格も安くなっています。

家庭用コンセント式

マキタ電気ドリルM609
【マキタ 電動ドリルM609】

家庭用コンセントにつないで使います。
バッテリーが無い分軽くて、パワーもあります。
ですが、自由に持ち歩いて使うことが出来ません。
またコードが邪魔になるので取り回しも良くはありません。
ただ、価格が安いのでコスパは良いです。

充電バッテリー式

マキタ_バッテリー_リチウムイオン
【マキタ純正バッテリー】

このようなバッテリーを電動工具に装着して使います。
マキタ-インパクト-TD171DRGX-18V-フラッグシップモデル
【マキタ TD171DRGX】

グリップの下の部分にバッテリーを装着して使います。

一般的には2個のバッテリーと充電器が付属してくるので、交換して充電しながら交互に使います。

電動ドライバーの「機能」の種類

今回はその中でも特にDIYでお世話になる(一般的な)電動ドライバーは以下の3種類です。

  • スクリュードライバー
  • ドリルドライバー
  • インパクトドライバー

広い意味では上記の3種類が電動ドライバーです。

ですが、電動工具に詳しい方はスクリュードライバーの事を電動ドライバーといいます。
他の2つはドリルとかインパクトとか言います。

ですがここでは上記の3つを電動ドライバーの仲間として説明します。

それぞれの特徴を説明します。

1、スクリュードライバー

バッテリー電圧3.6Vで一番小さいタイプの電動ドライバーです。
重さは300g~400gです。

コンパクトで誰でも気軽に使えます。
数千円で買えるので、初めての電動ドライバーにおすすめです。

ボッシュ-IXO5-隅寄せアダプター2

基本的にネジ回しに使うものです。

ixo5-sentan

機能としては「ただ低速で回転する」だけです。

ボッシュ-IXO5-隅寄せアダプター

家庭内のちょっとしたねじ回し、雑用に使います。
コンパクトで軽く、気軽に使えます。

IXO5-充電器

バッテリーは本体に内蔵されており、コードを接続して充電します。

2、ドリルドライバー

ドリルドライバーの中でもペンタイプと呼ばれる小型のものです。
小型ドリルドライバーの主流は電圧7.2Vの物が多いです。

「高性能なスクリュードライバー」という位置づけです。

スクリュードライバーと同じようにネジ締めに使えます。

スクリュードライバーとの違いは以下の部分です。

  • 繊細な力でのネジ締めが出来る。
  • ドリル刃での穴あけができる。

 

繊細な力でのネジ締め

クラッチ-トルク調整ダイヤル

クラッチ機能があるのが特徴です。
ネジを締める力を10段階以上で細かく設定できます。

パソコンや精密機器のネジ締めが安全に行えます。

高速回転モードでの穴あけ

マキタ-ペン型ドライバドリル-DF012D-回転速度切替スイッチ01

ドリルドライバーは回転速度の切り替えができます。

ドリル刃-六角軸
先端にドリル刃をつけて高速回転モードにすれば、金属への穴あけも可能です。

電圧3.6V~7.2Vのドリルドライバーはペン型が多いです。

電圧3.6Vのドリルドライバー

パナソニック-EZ7410LA2SB1-3p6v
パナソニックのペン型ドリルドライバー(電圧3.6V)
※「3.6Vのドリルドライバー」を販売しているのはパナソニックだけのようです。

電圧7.2Vのドリルドライバー

マキタ_ドライバドリル_DF010D

マキタの7.2Vのペン型ドリルドライバーです。

マキタ-72V-ペン型ドライバドリル-DF012D-02
※マキタ製のドリルドライバーは「ドライバドリル」という名称で販売されています。

 

3、ドリルドライバー(中型:10.8V)

マキタ-ドライバードリル-108v-DF030DZ
マキタのドライバードリル(電圧10.8V)

4、ドリルドライバー(大型:14.4V/18V)

マキタ-ドライバドリル-HP474DRGX

電圧14.4Vの本格的なドライバードリル(マキタ)

1)機種を選ぶ(3種類)

電動ドライバーは具体的に以下の3種類に分けられます。

以下の3種類です。

スクリュードライバー

ドリルドライバー(ドライバドリル)

インパクトドライバー

それぞれがどんなものなのか説明します。

スクリュードライバー

スクリュードライバーは、いわゆる「電動ネジ回し」です。
プラスドライバーなどの代わりに使う事が主な使い方です。

イケアの激安スクリュードライバー
IKEA-FIXA3p6v
3.6Vの電動ドライバー「FIXA」です。イケアで売られている人気商品です。
値段がなんと2000円以下。驚きの価格です。
私が知っている限り、最安値の電動ドライバーです。

 

用途としては「組立家具」の組み立てなどです。
家庭内でのちょっとした作業で使います。

スペック的には大体以下のような感じです。

【スクリュードライバーの性能】

機能 特長
電圧 ほぼ3.6Vのみ。 一番低い電圧。
バッテリーも小さい。
充電方式 USB端子 最近はスマホの充電ケーブルで
充電出来る物が多い。
(専用の充電器が必要ない)
締め付けトルク 4(N・m)程度。 パワーは最小。
とはいえ意外とパワーがある。
主にネジ回し用。
回転スピード 200回転/分程度 木材への小さな穴あけが限界。
クラッチ機能 なし トルク制御ができない。
ネジを壊しやすい。
サイズ 凄く小さい! 狭い場所でも使える。
保管場所を取らない。
重さ 300g~400g 女性でも楽。
気軽に使える。
価格 1,500円~
5,000円程度
メッチャ安い!
近年は特に安い!

基本的に家庭用です。
簡単なDIY用に使えて、かつ圧倒的にコンパクトで軽いです。

ちなみに私のおすすめスクリュードライバーは「ボッシュのIXO5」です。

こちらの記事で紹介しています。

ボッシュ(BOSCH)-IXO5
ボッシュ 電動ドライバー【IXO5】世界でバカ売れ!販売1,500万台!初心者向け!

私の超おすすめ電動ドライバー「ボッシュ IXO5」です! 1台あればめちゃくちゃ便利! 人生変わるかも? 目次1 ボッシュ(BOSCH-IXO5) 女性・初心者に人気のバッテリードライバー!2 「ボッ ...

続きを見る

2、ペン型ドリルドライバー(7.2V)

7.2Vのペン型ドリルドライバーは、プロの仕事用としてよく使われます。
配電盤などの電気工事、精密機器の組立や機械設備のメンテナンスなどです。

マキタ_ドライバドリル_DF010D

スクリュードライバーがさらに高性能、多機能になった感じです。

「安物のスクリュードライバーでは満足できない!」

そんな方におすすめです。

もちろん家庭用としても使えます。
一台持っていて損はありません。

特長【クラッチ機能(トルク制御)】

ほとんどのドリルドライバーは「クラッチ機能」が付いています。

クラッチ機能とは、細かいトルク制御ができる機能です。
締める力を細かく設定できます。

 

回転スピードはスクリュードライバーより速く、穴あけに使えます。
速くて精密なネジ締めができます。
同じようなネジを繰り返し締める作業にはもってこいです。

「オートストップ機能搭載モデル」なら精密なネジ締め作業を効率よくこなす事が出来ます。

特長【オートストップ機能】
オートストップ機能とは、設定トルクに達したら電源を自動で切る機能です。
クラッチ機能と連動して動作します。
素早く締めて、ピタッと止まるので、精密なネジ締めが連続で効率よく行えます。

 

パワーはスクリュードライバーより少しだけ強い程度です。

マキタ-振動ドリル-HP470DRTX

大型のドリルドライバーは「木や金属への穴あけ作業」が得意です。
木材への(直径38mm)程度の大きな穴あけも可能です。

「振動ドリル機能」付きの振動ドリルなら、石材にも穴あけが可能です。

各機能 特長
電圧 リチウムイオン
3.6V~18V
低電圧:ネジ締め等。
高電圧:大口径の穴あけ可能。
締め付けトルク 5(N・m)~
60(N・m)程度。
電圧上がればパワーがある。
回転スピード 1,000回転/分~
2,000回転/分程度
高回転だと金属への穴あけ可能。
クラッチ機能 あり トルク制御が出来る。
精密機器のネジ締め可能。
サイズ ペン型~大型まで 電圧によりさまざま。
重さ 500g~
1.5kg程度
スクリュードライバーより重い。
ペン型は軽い。
価格 5,000円~
40,000円程度
DIYモデルは安い!
プロモデルは高い!

2、バッテリー電圧を選ぶ(6種類)

2019年辺りで考えれば、まずバッテリーの種類としては「リチウムイオン」となります。
リチウムイオン電池が安くなった現在ではニッカドやニッケル水素のバッテリーを買う必要はないでしょう。

リチウムイオンバッテリーの電動ドライバーの場合、選べる電圧は「3.6V」の整数倍です。

電圧 特長
3.6V 一般家庭用のネジ回し用。
多数販売されるも粗悪品も多い。
本格メーカーは製造しない電圧。
7.2V 電気工事のプロが使うペン型ドライバー。
10.8V 小型だが本格派。職人のサブ機。女性DIYならメイン機。
14.4V プロがメインで使う電圧。電動工具の種類も最い。
18V 最大のパワーであり、電動工具の種類も最多。
36V Panasonic電工のインパクトに1台くらい?ほぼない。

 

例えば同じインパクトドライバーでも、電圧が7.2Vと18Vではパワーも用途も全然違います。
パワーやサイズ・重量などが大きく変わるからです。

3、メーカーを選ぶ

マキタ、HiKoki(旧日立工機)、パナソニック電工の3大メーカーが最上位メーカー。

他にもボッシュやリョービ、ブラックアンドデッカーなどもあります。

最近は廉価な製品を販売する専門外メーカーも出てきました。

「機種」と「電圧」と「メーカー」が決まればOK!

この「機種と電圧とメーカー」が決まって、初めて工具のイメージが共有できます。

具体的に以下のような感じです。

スクリュードライバー
3.2V
ドリルドライバー
7.2V
ドリルドライバー
10.8V
振動ドリルドライバー
14.4V
インパクト
18V
3.6V電動ドライバー マキタ_ドライバドリル_DF010D マキタ-ドライバードリル-108v-DF330D マキタ-振動ドリル-HP470DRTX マキタ-インパクト-TD171DRGX-18V-フラッグシップモデル
ボッシュ、ブラックアンドデッカー他多数 マキタ マキタ マキタ マキタ
350g程度 500g程度 1.5kg程度 1.5kg程度

 

電動ドライバーとは?初心者はまず知っておくべき知識!

「電動ドライバーが欲しい!」
「でも初心者だからおすすめが分からない」
「女性が使いやすい電動ドライバーってあるの?」

そう思っている人は必見です。

「そもそも電動ドライバーとはどんなものなのか?」
「自分のやりたいことに合った電動ドライバーの選び方は?」
「おすすめの電動ドライバーは?」
「メーカーや電圧の違いも知りたい!」

こんな方に役立つ記事です。

あなたが本当に欲しい電動ドライバーを手に入れて、趣味やDIYがもっと楽しくなればうれしいです!

今回は基本的なことを分かりやすく説明します。

すでに知識がある方には、こちらの記事の方が良いかもしれません。

【おすすめ機種を知りたい方へ】

ボッシュ-IXO5-隅寄せアダプター2
電動ドライバー初心者へ!|1台目におすすめ!ドライバードリル(3.6V)

今回は電圧3.6V(ボルト)の電動ドライバーを紹介します。 目次1 DIY初心者におすすめ!【電動ドライバー 3.6V】2 3.6V電動ドライバーのデメリットと注意点3 3.6Vの電動ドライバーといえ ...

続きを見る

マキタ_ドライバドリル_DF010D
電動ドライバー【おすすめは?】目的別に初心者にもわかりやすく紹介!

今回は「電動ドライバー欲しい。でもどれを買ったらいいのかわからない!」という方向けの記事です。 使用目的によっておすすめする電動ドライバーが違います。 分かりやすいように用途別に分けてみました。 充電 ...

続きを見る

ホームセンターに電動ドライバーを買いに行くのは危険!

ホームセンターの店員は実はシロウト。アドバイスを真に受けるな!

まだ電動工具に詳しくない方がホームセンターで電動ドライバーを買う場合は注意が必要です。

きっとこんな感じになります。

店員とのやりとり

「電動ドライバーありますか?」

すると女性店員さんがお安い御用だとばかりに電動工具コーナーに連れて行ってくれる。

「ここですよ!」

でもたくさんあって違いがさっぱり分からない。
もう一度今度は男性店員(おにーちゃんorおじちゃん)を呼びます。

「電動ドライバーってどれがいいんですかね」

すると男性店員が慣れた口調でこう答える。

「これが人気ですよ。よく売れてます!当店イチ押しです!」

POPにも「一番人気!」とか「激安!」とか書いてある。
しかも箱が山積みだったりする。

「じゃあこれにします!」

店員さんが言うんだからきっと大丈夫だろうと思いながら帰る・・・以上。

 

これは典型的なダメパターンです。

あなたは何を買わされたのか理解できていません。

店員は何も考えず「これを売れ」と言われたものを売りつけるだけです。

私の経験上はっきり言えることはこうです。

ココに注意

ホームセンターの店員さんは電動ドライバーの違いが分からない!

少なくともその辺のホームセンターではそうです。

きちんとした方に話を聞きたいならコーナンに併設された「コーナンPRO」のような職人さん御用達のお店に行きましょう。
マキタのプロモデルが販売されているようなお店に行けばそれなりに詳しい方がいると思います。

ホームセンターで売られている「電動ドライバー」の正体!

ホームセンターで売られている「電動ドライバー」という商品。

「めちゃくちゃ売れてます!」

「ハイパワーで万能。超便利!」

「これ1台あれば何でも出来ます!」

こんな感じの商品説明がPOPに踊っていますよね。

上記で説明済みですがもう一度書きますね。

「電動ドライバー」の正体※ホームセンターで見かける物

正体は「3流メーカーが作った3.6Vのスクリュードライバー
スクリュードライバーはドリルやインパクトと違い「ただ回転するだけ」です。

・パワーがない
⇒ 4(N・m)程度。

・ドリル機能なし
⇒ 回転スピードが200回転/分程度なので、遅すぎて穴あけが出来ない。

・クラッチ機構なし
⇒ 締め付ける力をダイヤルで設定出来る機能がない。トルク制御ができない。

 

インパクトドライバーとのパワーの違い!

インパクトと比べたら、パワーに雲泥の差があります。

10.8v以上の本格インパクトドライバーは90(N・m)180(N・m)位のパワーがあります。
3.6V電動ドライバーの4(N・m)と比べると20倍~40倍以上のパワーです。

 

ドリルドライバーとの回転スピードの違い!

ドリルドライバーと比べたら、回転スピードに雲泥の差があります。

同じ3.6Vのドリルドライバーは回転スピードが600回転/分です。
※パナソニック電工の物

14.4VのドリルドライバーになるとDIYモデルでも1,400回転/分です。
※マキタ

18Vのプロ仕様にドリルドライバーなら2,000回転/分です。
※マキタ

3.6V電動ドライバーの200回転/分と比べると3倍~10倍の回転スピードです

回転スピードが早いという事は、穴をあける能力が高いという事です。

さらにクラッチ機能にも差があります。

14.4Vのドリルドライバーなら、DIYモデルでも16段階で設定可能です。
※マキタ

めちゃくちゃ弱い力からmaxパワーまで、好きな力で締め付けが出来ます。
しかもすべてのネジを同じ一定の締め付け力で自動ストップ出来ますから、何も考えずに効率的に作業ができます。
仮締めには最高ですね。

ちなみに、実はインパクトドライバーも回転数は早いです、
2,000回転/分くらいのスピードです。
但し、負荷がかかると打撃が始まってしまうので、そこがドリルドライバーとは違います。
穴あけとして使うのであればやはりドリルドライバーです。

 

3.6Vのスクリュードライバーは技術的に簡単に作れるため、電動工具とは関係のないようなメーカーまでが製造・販売してます。

ホームセンター側が初心者に売るにはうってつけの商品です。

安さを売りにすればよく売れるからです。。

でも実際に使うと、自分のやりたい事ができない場合が多いです。

また、粗悪品はすぐ壊れます。

3.6Vの電動工具には怪しい商品がたくさん混ざっている。

もちろんすべての「電動ドライバー」が悪いわけではありません。

しかしホームセンターで山積みにされている物の中には怪しいメーカーの粗悪な商品もたくさん並んでいます。

低回転でただ回転するだけの電動ドライバーは技術的に製造が簡単です。
専門的な知識が無くても作れてしまうのが電動ドライバーなのです。

電圧が上がると粗悪品が減る。(7.2V、10.8V、14.4V、18V)

電圧が7.2V・10.8Vと上がるにつれて怪しい商品は少なくなります。
理由は必要な技術がどんどん高度になるからです。

企業の技術力の差がでる

「ゆっくり回転するだけの電動ドライバー」⇒簡単に製造できる。「クラッチ機能の付いた高回転数のドライバードリル」⇒製造が難しい。

「強い打撃で締め付けるインパクトドライバー」⇒製造が難しい。

高電圧になるとトルク(回転する力)がハイパワーとなり、バッテリーは大容量になります。
しかも軽量化・小型化も進んでいます。

そのほか耐久性・防塵性・防滴性・静粛性・軸ブレの少なさ・シーン別のトルク制御

ただ回転するだけの電動ドライバーではなくなる為、三流企業では参入できないからです。

しかしホームセンターではこのような高品質な商品はほとんど扱われません。
高品質な分価格も高いからです。

しかし、長い目で見た場合は高品質の電動工具を買った方が結果的に安くつきます。
しかもガラクタが増えないし、満足度が高いです。

それでも3.6Vの電動ドライバーが欲しい方へ!

上記の説明で「3.6Vの電動ドライバー」がどういうものか分かって頂けたと思います。

それでも「小さくて使いやすい3.6Vの電動ドライバーが欲しい」と思った方はいますか!

「できるだけ安く試してみたい!」

「後々色々やるつもりはないし、ちょっとした電動ねじ回しが欲しいだけ!」

「あんまり難しいのはイヤ!」

「イケアの家具の組み立てに使う程度」

もしこんな感じなら買った方が良いと思います。
まずは勉強のために1台買ってみましょう。

きっと満足できる買い物になると思います。

ではどれを選べばいいでしょうか?

できれば信頼できるメーカーの物を選ぼう!

3.6Vの電動ドライバーはとりあえず安く買えます。

但し、粗悪品もたくさん売られています。
一番いいのはメーカーを選ぶことです。

超一流メーカーで選ぶなら以下の3社です。
私のイメージでは10年以上使えます。
でも価格は1万円台と高いです。

  • マキタ
  • 日立工機
  • パナソニック電工

もう少し安く、コスパと品質のバランスを考えるなら以下のメーカーです。
これらも世界中知られている電動工具メーカーなので大丈夫でしょう。

  • ボッシュ
  • リョービ
  • ブラックアンドデッカー

他のメーカー(もともと電動工具メーカーじゃない)の物はやめた方が無難です。
詳しくはこちらをご参考に!

ホームセンターの電動ドライバー
ホームセンターで安いインパクトドライバーを買う前に!プロ用の良さとは?

目次1 電動ドライバーを買う前に、各メーカーの特色を知っておこう!2 インパクトドライバーの主なメーカー3 プロ向け電動工具を製造販売しているメーカー4 セミプロ向け電動工具を製造販売しているメーカー ...

続きを見る

私のおすすめは「ボッシュ IXO5」

私のおすすめメーカーはボッシュです。
具体的な商品でいえばボッシュ IXO5辺りでしょう。

ボッシュはプロでも使う方がいる世界有数の電動工具メーカーです。
信用がありますし、家庭用・女性用などにも力を入れています。

電動ドライバー ボッシュ(BOSCH)-IXO5

IXO5はスクリュードライバーです。

しかし別売りアダプターを付ける事で以下の機能が追加できます。

  • クラッチ機能(締め付け力のコントロールができる)
  • ドリル機能(回転数を上げて穴あけに使える)

とはいえ基本は家具の組立・パソコンやおもちゃの修理などです。

これじゃ物足りない方は、コチラの記事を参考にしてください。
マキタやパナソニック電工などの3.6V電動ドライバーを紹介しています。

⇒ 電動ドライバー初心者へ!|1台目におすすめ!ドライバードリル(3.6V)

まとめ

ここまで読んで何となく分かって頂けたかと思います。

この記事を読んで、あなたが本当に欲しい電動工具が手に入るとうれしいです。

次のステップは電動ドライバーの種類や用途を知る事です。
この記事が役立つと思います。

マキタ_ドライバドリル_DF010D
電動ドライバー【おすすめは?】目的別に初心者にもわかりやすく紹介!

今回は「電動ドライバー欲しい。でもどれを買ったらいいのかわからない!」という方向けの記事です。 使用目的によっておすすめする電動ドライバーが違います。 分かりやすいように用途別に分けてみました。 充電 ...

続きを見る

では。

-インパクトドライバー, ドライバードリル, 電動工具

Copyright© DIYを楽しもう! , 2019 All Rights Reserved.