おすすめ電動工具・安全靴・園芸用品を紹介・レビューします!

DIYを楽しもう!

潤滑スプレー・潤滑オイル

シリコンスプレーこんなところには使ってはいけない!【危険】

シリコンスプレーは便利です。

でも使い方を間違えるとメチャクチャ危ない物でもあります。

シリコンスプレーを使ってはいけない場所はどこ?

「ブレーキ・タイヤ・ペダル」はダメ!

自動車、バイク、自転車、車いすなどに使う場合は要注意です。

まずブレーキには絶対塗布しないでください。
ブレーキとディスクの摩擦がなくなり、ブレーキをかけても止まれなくなります。

タイヤにも絶対使わないでください。
ブレーキをかけてもタイヤ自体が滑ってしまっては止まるまでの距離が長くなります。

自転車などのペダル、ステップにも使わないでください。
足が滑って危険です。

シリコンスプレーはスプレーで霧状に塗布すると、周りに飛散して意図しない場所に付着する場合があります。
上記のような危険個所の近くでは直接スプレーせず、布などに吹き付けてから拭くと安全です。

床(フローリングや畳)はダメ!

シリコンスプレーを買うとあまりの楽しさに必要以上にスプレーして遊んでしまいます。

シリコンスプレーあるあるです。

フローリングや畳などにシリコンスプレーを塗布すると、メチャクチャ滑ります。

子供は喜びます!

靴下を履いて滑ったらスケートみたいにツルツル滑るからです。

でもこれは超危険です。

遊ぶ時ももちろん危ないのですが、遊びが終わった後もずっと危険が続きます。

一度ツルツルになった床は、しばらくはツルツルが続きます。

突然めちゃくちゃ滑るようになるので、知らずに床の上を歩いた人は滑って転ぶ可能性が高いです。

お年寄りはさらに危険です。

転倒してポキッと骨折すると、そのまま寝たきりになってしまう可能性も高いのです。

シリコンスプレーを使う時は絶対気を付けてください。

子供がいる場合は必ず大人が危険性を説明し、できれば子供が勝手に使わないように管理しましょう。

障子やふすまの敷居は注意!

障子やふすまの溝にスプレーをする場合も注意です。

スプレーした敷居の上を歩いた場合、足の裏にもシリコン被膜がくっつきます

靴下やスリッパの底にシリコンが付くと、どこを歩いてもツルツル滑ります。

敷居へ使用する場合は

「最小限の量をティッシュなどに含ませてから塗る。」

という方法がいいです。

間違ってもスプレーノズルで直接スプレーしないでください

革や布はシミになりやすい。浸み込みやすい素材にはスプレーしないで!

シリコンスプレーは少しベタッとしています。

もちろんCRC556などに比べればマシですが、それでも乾いたときにシミができやすいです。

革製品や布製品にはシミが出来る場合があるので出来ればやめた方が良いです。

他でも書いていますが、革製品や布製品にはシリコンスプレーではなくて「フッ素スプレー」がおすすめです。

フッ素スプレーは速乾性なのでシミが出来にくいです。

但しフッ素スプレーは高価です。

どちらが安心して使えるかと言えばフッ素スプレーかもしれませんが、その辺はコスパで判断すればいいと思います。

シリコンスプレーを塗るコツ。布やティッシュを使い「必要範囲」だけに塗布!

シリコンスプレーはスプレーなので広範囲に拡散します。
一応、付属のノズルを使って至近距離からスプレーすればかなり抑制できます。

でもやはり必要以上に噴射されたり跳ね返って飛び散ったりします。
ほんのちょっとずつ慎重にスプレーしましょう。

布やティッシュに含ませて拭くのが安全!かつ経済的!

スプレー使用時は周りをマスキングで覆うのも一つの手です。
しかし手間がかかりますよね。

私のおすすめはティッシュ(布切れ)です。

  1. 丸めたティッシュにノズルをくっつけて少しだけスプレー。
  2. そのティッシュで対象物を拭く。

これで十分効果があります。

シリコンスプレーも無駄にならないし、余計なところに塗布されることもありません。
このやり方なら1本で何ヶ月~数年は使えます。

まとめ

シリコンスプレーはとても便利なスプレーです。

ただし足元が滑ってしまうような使い方は危ないです。

また、車や自転車などの「ブレーキやタイヤなどのスピードを抑えるための部品」には絶対にかけないようにしましょう。

とはいえやっぱり便利でコスパ最高なのがシリコンスプレーです。

こちらの記事もどうぞ!

⇒ シリコンスプレー【驚異の使い方で代用】防水・車・バイク用途も!

-潤滑スプレー・潤滑オイル

Copyright© DIYを楽しもう! , 2020 All Rights Reserved.