おすすめ電動工具・安全靴・園芸用品を紹介・レビューします!

DIYを楽しもう!

ドアクローザー

ドアクローザーの寿命はどれくらい?油漏れはまずい?

ドアを優しく締めてくれる「ドアクローザー」。

ドアクローザー2

目立たないけど、私たちの生活を円滑にしてくれるとても大切な部品です。

ドアの閉まり方が乱暴だと人間関係まで悪化します。

賃貸住宅の場合、玄関ドアがうるさいだけでお隣さんとうまくいかなくなります。
子供がいる世帯ならもう完全にアウトです。

ドアクローザーの故障は放置せずに、できるだけ早く対策をしましょう。

ドアクローザーの寿命とは?症状と交換時期。

既に15年~20年以上使っているドアクローザーなら「寿命」が近づいています。
ドアクローザーが古くなると以下のような不具合が出てきます。

ドアクローザー_故障_リョービ

静かだったドアが「バタン」とうるさく閉まるようになった。

ドアがバタンと閉まる場合、ドアクローザーの速度調整弁の調節だけで治る場合もあります。

「今までは静かにカチャっと閉まっていたのに、急にドアの閉まる音がうるさくなった!」

こんな時はまず、ドアクローザーの調整を行ってみましょう。

調節がうまくいっていないだけの場合は、後述の調節を行えば治ります。

但し寿命が来ている場合はいくら調節を頑張ってもいい感じになりません。

その時は潔く交換しましょう。

ドアクローザーの油漏れ。どうすればいいか?

ドアクローザーは油圧で動作しています。

なので中に入っているオイルが漏れだしてしまうと正常な動作はできません。

ドアクローザー-オイル漏れ

この写真を見て下さい。

ドアクローザーの側面の六角形のくぼみの下に黄色い水っぽい物が垂れているのがわかりますか?

この黄色い液体の正体は油です。

ドアクローザーの中に入っているオイルが漏れだしているのです。

ドアクローザー オイル漏れ 垂れ

オイルが下の方まで垂れています。

ドアクローザー-オイル漏れ3

ドアクローザーの中に入っているオイルが漏れだして、ドアにたくさん流れています。

油圧式のドアクローザーから油が漏れだしてしまうと、もう油圧でのスムーズな開閉はできません。

「油漏れは交換のサイン」です。
ドアクローザーの寿命です。

こうなると「油圧ダンパー」としての役割は果たせません。

油圧が利かなくなるので、ドアが「バタン」と閉まるようになります。

オイルが漏れてしまったドアクローザーは、いくら調整しても無駄です。

「バタン」と閉まるか「バイーーン」と止まってしまうかのどちらかにしか調整できません。

どんなにシビアなミリ単位の調整をしてもダメです。

ゆっくりスムーズに閉める事は不可能なのです。

スッパリ諦めて交換しましょう。

まずは自分で調整してみよう。治らなければ交換。

明らかなオイル漏れがある場合は即交換ですが、漏れたオイルをきれいに拭いてあったりするとオイル漏れなのかどうかがわかりません。

そういう場合は調整で治るのかやってみましょう。

まずは速度調整弁で「調整」してみましょう!

これらの症状はドアクローザーを調整することで治る場合があります。

ドアクローザーの調整方法(だれでも分かる)の記事を参考にしてみてください。

調整がうまくいかないなら「交換」しましょう!

ドアクローザーは15年・20年と使ううちに寿命が来ます。
そして古くなると思い通りの調整が出来なくなります。

  • ネジの角度を1度締めるとドアが「バイーン」と止まる。
  • ネジの角度を1度緩めるとドアが「ビュン」と抑制が効かずに閉まる。

こうなるとどんなに頑張って調整してもうまくいきません。

新品のドアクローザーならある程度雑な調整でもゆっくり閉まるようになります。

もしミリ単位のシビアな調整をしてもうまくいかない場合は、それは「オイルが漏れてなくなってしまった」という事です。

油圧が利かなくなった古いドアクローザーは、もう「ゆっくりと閉まる」という動作がで出来ないのです。

もう諦めて新しいドアクローザーに交換しましょう。

ドアクローザーの修理方法!自分で調整したら簡単に治るからビックリ!

ドアクローザーの調整ってやったことありますか?

ドアクローザー

「最近、玄関のドアがバタン!と閉まってうるさいんだよなぁ。」

そんな方はドアクローザーの調整にチャレンジしてみてください。

ネジを少し調節するだけで、見違えるようにやさしく閉じるようになる可能性大です!

ドアクローザーの修理ってどうやるの?

ドアの開閉がうまくいかず、ドアクローザーの修理をしたいと思っている人は多いと思います。

では「ドアクローザーの修理」っていったい何をするのでしょうか?

実は、ドアクローザーは修理することはほぼありません。

やるのは調整です。

ドアクローザーにはドアが閉まる速度を調整するネジがあります。

ドアの閉まり具合に問題がある時はそのネジを回して調整します。

この調整は業者にしかできない「修理」ではありません。

ドアクローザーの購入者が自分でやる「調整」です。

本来は自分でドアの閉まり具合を見ながら調整するものなのです。

ただし普通の方は「触っちゃいけない所」とおもっている場合が多いです。
もしくは「自分には出来ない業者に頼む作業」だと思い込んでいる場合も多いです。

逆にいえば、「修理」が必要な事態というのはほとんど起きません。

調整しても治らないドアクローザーの不具合は「交換」になります。

ドアクローザーは安い物なら5,000円くらいから買えます。

高いものだと2万円くらいしますが、逆に言えばその程度の品です。

10年くらいで寿命といわれるドアクローザーは、調整でダメなら交換するのが一般的なのです。

もし修理しようと思ったら、工賃や部品代などで新品を買うより高くなると思います。

しかも遅かれ早かれ油漏れで寿命を迎えるわけです。

という事でなので、実際にはドアクローザーの修理という物はほとんど行われません。

速度調整弁の調整、もしくは新品への交換&取付となります。

ドアクローザーの調整には専門知識が必要か?

前述のとおり、現実にドアクローザーの調整をする人は少ないです。
以下のような理由が原因です。

・「調整できる事自体知らなかった!」

・「専門の業者じゃないと触っちゃいけないと思ってた!」

・「難しい知識がないと調整できない」

・「失敗したら壊れる」

これはすべて間違った認識です。

ドアクローザーはいつでもだれでも調整可能!

ドアクローザーの調整は素人では無理だと思っていませんか?
それは違います。

「ドアクローザーは誰でも調整できるんです!」

女性でもお年寄りでも出来ます。
小学生の子供でも出来ます。

しかも、一度やり方を覚えればほかのドアクローザーも調整できるようになります。

ドアの閉まり具合に不満があるのなら、放置せずに積極的に調整してみましょう。

⇒ ドアクローザーの調整方法【だれでも分かる!超簡単!】

 

ドアクローザーを自分で交換したい方へ。

ドアクローザーを交換する場合は、以下のいずれかです。

  1. 業者に頼む。
  2. 自分でDIY交換を行う。

業者に頼むと高いです。

自分でやると安上がりですが、ドアクローザーの選び方や交換方法を理解する必要があります。

最近は交換用のドアクローザーという便利な商品が売られています。
DIYで交換したい方は、この「交換用ドアクローザー」を購入すればかなり簡単に交換取り付けが可能です。

ドアクローザーの交換が激安でできるので、かなりおススメです。

詳しくはこちらに書いています。

ドアクローザ-リョービ
ドアクローザー 交換【選び方・取り付け】とにかく費用を安く抑える方法!

ドアクローザーを交換したいと思っている方いませんか? ドアクローザーを新品に交換すれば、古いドアでも見違えるように良くなります。 今まで「バタンッ!」とうるさくて閉まっていた貧乏くさい玄関ドアが、まる ...

続きを見る

バタンとうるさく閉まるドアは、確実に人間関係を悪化させます。

壊れたドアクローザーは放置せずに調節するか交換しましょう。

家庭内や仕事場が平和になり、気分も明るくなりますよ。

では。

-ドアクローザー

Copyright© DIYを楽しもう! , 2020 All Rights Reserved.